枡野俊明の名言|今すべきことにコツコツと努力し、未来の成果につなげる

他人の評価ばかり意識し、今をおろそかにしては、未来の高い評価にはつながりません。今すべきことにコツコツと努力し、未来の成果につなげてほしい。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の好きな詩に「人生は夢を持って、それを全情熱で追い、決してごまかしたりへこたれたりせず、全精力をもってやり抜くことである」という詩がある。夢を抱いてコツコツと努力を積み重ねていきながら、その夢を実現していく。人生とはまさにその繰り返しではないかと思っている。

同種の商品でも、材料や加工法、ボリューム、生産量、パッケージ、宣伝費などで価格は異なる。これらのファクターを知れば値づけ感覚が養えます。

お金になりづらい分野でも、飛び向けている人は社会から評価され、相応の収入を得ています。たとえば百ます計算の陰山英男先生はもともと小学校の普通の先生でしたが、いまや講演で全国に引っ張りだこです。

学生にもよく話しますが、教養は世界共通で、投資の負担も小さい最高のブランドです。仕事における交渉ごとなどでも、業務の知識や技術を持っているのが当たり前だとすれば、次に差となるのは人間性や信頼性です。これを表すのが実は、その人の教養の高さなのです。

誰もが納得する評価制度を作ることはものすごく難しいですが、評価制度は社員にとって、会社と自分の間をつなぐ信頼関係でもあります。そこで手を抜くことはできません。

トップが理念を語ることは大事です。しかしそれだけでは受け手である社員たちは納得しません。納得しなければ動きません。大切なのは、わかりやすい理論の筋道(理念)と、それを支える現場の事例とをセットで伝えることです。目に見えるエピソードを差し挟むことで、誰もが問題をイメージしやすくなるからです。

100%の自分、いわゆる「いつもの自分」の状態こそ、本番で安定的に力を発揮できる。

日々に激動する現実に、イノベーションを常に意識して立ち向かう。こうしてチャレンジし続けます。そのためには、適切な情報を得ることが重要になります。情報を集め、よく理解することは、前進するために欠かせません。情報がないままでの判断は信頼がおけません。

たとえば、未知のクライアントにアポイントがとれたとしよう。面談の場で、相手の担当者から「信用できない感じの人だな」とか「仕事ができなそうな人だな」といった印象を持たれてしまったら、次回のアポイントは難しいだろう。多くのビジネスは一発勝負なのだ。

人生やビジネスの戦略には唯一の正解などありません。将来の予測は不可能であり、変化に関連する要素が多すぎる。だから、直感的思考にも頼る必要がある。

ページの先頭へ