枡野俊明の名言|今すべきことにコツコツと努力し、未来の成果につなげる

このエントリーをはてなブックマークに追加

他人の評価ばかり意識し、今をおろそかにしては、未来の高い評価にはつながりません。今すべきことにコツコツと努力し、未来の成果につなげてほしい。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何の商売によらず、強い者と弱い者がある。弱い者は個々の力は問題でないから、どうしてもまとまらねばならない。そこで我々はまとまった。
【覚書き|地方銀行協会を立ち上げた当時を振り返っての発言】

何かしらのアイデアや、いま直面している課題の解決策などが最もひらめきやすいのは、朝エアロバイクに乗っているときです。朝は頭が働き、心がクリアになります。何かを決断するのに最適な時間帯だと思います。睡眠をしっかりとり、思いついたアイデアを一晩寝かせることはとても重要だと思います。

この国を素晴らしい国にしたのは、競争社会だ。競争相手が私のスタイルの真似をし、計画を盗むことは阻止できない。だが、彼らは私の脳内までは盗めない。だから彼らには1マイル半の距離を残しておいてやる。我々は自分の強さを鍛える。すなわちQSC&V(品質・サービス・清潔さ・価値)に力を入れるだけだ。

見かけの因果律に囚われるのではなく、世の中をどうしたいのかという目的から出発することが大事です。

新しい事業を育てるのは「人」です。新しい事業には、10人いたら8人が反対しても、「俺はやる」というくらい破天荒な人間が必要ではないでしょうか。

20代のころの私は、論文をひたすら書き続けることだけに専心していました。しかし、30歳近くなったとき、自分が生涯をかけて追求したい学問分野をつくりだそうと一念発起しました。その挑戦を支えてくれたのは、大学外の人々とのネットワークです。

リスクがあっても、挑戦し続けることが大事。画期的な製品は、挑戦して失敗しての繰り返しの中からしか生まれない。

ページの先頭へ