藤田晋の名言|耐える力を身につけるには

耐える力は教えられて覚えるものではありません。仕事の中で幾度となくピンチを乗り越えて身につけていくもの。

藤田晋 の経歴

藤田晋、ふじた・すすむ。日本の経営者。サイバーエージェントの創業者。福井県出身。青山学院大学経営学部卒業後、人材紹介・派遣事業の株式会社インテリジェンスに入社。その後、インテリジェンスの出資を受けサイバーエージェントを設立。同社を東証マザーズに上場させた。主な著書に『渋谷ではたらく社長の告白』『ジャパニーズ・ドリーム』『藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー』『藤田晋の成長論』『渋谷ではたらく社長の成功ノート』『起業ってこうなんだ(共著)』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勇将は根のようなものであり、そこから枝となって勇敢な兵卒が生まれる。

値決めは経営である。経営者が積極的であれば、積極的な価格になるし、慎重であれば、保守的な価格になる。値決めの目標は、お客様が喜んで買って下さる最高の価格を見出すことだ。値決め、それは経営者の能力と、経営哲学の反映だ。

社長に就任して以来、人を基軸に置く経営を貫いてきた。

熱い思いがないと言葉にパワーが出なくなる。誠心誠意で超えられる壁はいっぱいある。

一般の社員と触れ合い、会社の戦略や私自身の考え、もっと言うと私の人間性を知ってもらうための時間。実はこれこそが一番大事な部分と言っていい。というのは、いくら立派な戦略を立てたところで、実践する社員が自発的に動かなければ組織は変わらない。みんなが納得し、共感したうえで大きな目標に向けて突き進む。そのために必要なのが、時には膝を突き合わすような濃密な職場のコミュニケーションだ。

海外進出を手伝うとしても、中小の経営者と二人三脚でやる方が楽しいし、お金を出すだけではつまらないので、経営にもボードメンバー(役員)として参加させてもらっています。

このところ、製品の欠陥の隠ぺいや不良品発生の原因の秘匿といった企業の不祥事が相次いでいます。しかし「隠ぺい工作や嘘が発覚したら取り返しのつかないダメージを被る」との常識を経営者が持っていたら、存亡の危機は避けられたはずです。

利他の精神で取った行動には、必ず正のフィードバックが働く。

割と皆さん、AかBかみたいな二項対立で議論することが多いんですよ。しかし、現実の経済の世界は二項対立ではありません。もう二項対立論で議論するのはやめた方がいい。

ビジネスにつなげて付加価値を生んでこそのデータだと忘れてはいけない。

ページの先頭へ