小川仁美の名言|ほかの俳優が経験していない、会社員との両立という道を選ぶことで、私にしか表現できないリアリティーに到達したい

ほかの俳優が経験していない、会社員との両立という道を選ぶことで、私にしか表現できないリアリティーに到達したい。

小川仁美 の経歴

小川仁美、おがわ・ひとみ。日本の女優。聖心女子大学卒業後、大手製薬会社に入社。会社勤めをしながら女優として活動。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コーポレートガバナンスが良くできているからといって、その会社に投資するわけではない。ガバナンスが良くても、それですぐに競争上、優位に立てるわけではないからだ。それでも、経営の隅々まで配慮した経営をしているかどうかを測る、一つの重要なシグナルである。

中神康議の名言|コーポレートガバナンスは、一つの重要なシグナル


私が買っている株だからという理由で、同じ株を買ってはいけません。私はその株を、みなさんよりずっと前に、みなさんよりも安い値段で買っているはずですから。

竹田和平の名言|私が買っている株だからという理由で、同じ株を買ってはいけない


相手の心をつかむには、初対面よりも2度目以降の方が重要。ビジネスパーソンは、瞬間的な好感度を上げることより、その場だけでは終わらない人間関係を構築する方が大切。ですから、第一印象でどう見られるかを悩んだり、失敗したことを嘆かず、第二印象で勝負しましょう。

西松眞子の名言|初対面よりも2度目以降の方が重要


ジャーナリズムにはタブーがあってはならない。タブーがあったらジャーナリズムにならない。企業からお金をもらえば、企業のことは書けない。だったら、読者だけに目を向けて、彼らの好奇心を満たすための記事を書けばいい。

渡邉正裕の名言|タブーがあったらジャーナリズムにならない


人工知能が発達するにつれて、人間にとっても、人工知能のやり方が参考になると感じることが多くなった。あくまでも、論理的に、しかも定量的に考える。そのよう強人工知能のアプローチは、もともと、人間の脳の持っている働きを取り出し、モデル化したものである。だとしたら、人間にもできないはずがない。そして、実際にやっている人がいる。

茂木健一郎の名言|人間にとっても、人工知能のやり方が参考になると感じる


試練が多ければ多いほど、自らを強くする。

大橋徹二の名言|試練が多ければ多いほど、自らを強くする


新時代の物流プラットフォーム構築には業界の枠組みを超えた多様な「協創」が必要。例えばAIやロボティクス、IoTなどの新技術、また商社的な視点や金融、決済の仕組みも欠かせません。その意味で、協創領域の拡大は当社の重要な戦略となります。様々な技術や機能が横断的に接続した新たな物流プラットフォームを構築できれば、それは国内産業がグローバル市場で戦う原動力にもなるに違いありません。

中谷康夫の名言|業界の枠組みを超えた多様な「協創」が必要


人は教科書や本を読むと、考えているような気になるものです。でもそこに書かれているのは著者の考えであって、自分の考えではない。本を読んで「自分はどう思い、どう考えるか」「自分の付加価値は何か」といったことを考えることが大事。

柳井正の名言|本を読んで考えることが大切


ビジネスマンにとって降格は大きなショックです。これまでの人生をすべて否定された気持ちになることもあるでしょう。降格に限らず、ショックを受けたときの大前提は「焦らないこと」。ショックが大きいほど、回復までに時間がかかります。まず、気力はすぐに回復しないものであるということを頭においてください。

笹氣健治の名言・格言|大きなショックを受けたときは、焦らず時間をかけて対処する


人間関係を好転させるには、まず、心の中で、自分の非を認めることです。そして、心が離れた相手には、自分から声をかけ、目を合わせること。そのとき、相手に対して、心の奥で「ありがとう」と唱える。これを行うだけで、こちらの思いは、不思議なほど相手に伝わり、人間関係は好転します。

田坂広志の名言|人間関係を好転させるには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ