小川仁美の名言|ほかの俳優が経験していない、会社員との両立という道を選ぶことで、私にしか表現できないリアリティーに到達したい

ほかの俳優が経験していない、会社員との両立という道を選ぶことで、私にしか表現できないリアリティーに到達したい。

小川仁美 の経歴

小川仁美、おがわ・ひとみ。日本の女優。聖心女子大学卒業後、大手製薬会社に入社。会社勤めをしながら女優として活動。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人からはよく仕事が早いといわれ、実際そのとおりだ。しかし早く動ける理由は、最初に下準備をしておくからである。

全力を尽くし、自分のすべてをかけたとき初めて、人は物事をなし遂げることができます。もしあなたが何かしらの逆境に身を置いているのだとしたら、それはまさにチャンスです。あながた抱く目標に一直線に突き進むことのできる絶好のチャンスだととらえて、野良犬のように脇目も振らず邁進してほしい

幸福とは、報酬など全然求めていなかった者のところに突然やってくる報酬である。

乱れていたのはネタではなく自分の心。変えるべきなのは、ネタではなく自分の心。それがハッキリとわかった。

経験豊富なリーダーは、「心配する傾向があることは、見識や覚悟が増すのに大いに役立つ」と知っています。事を成す時は、この側面を取り除くことはできません。

同僚や自分よりも若い奴、先輩たちと割と幅広く付き合ってきたから、そういう人たちに助けられた。だからこそ窓際族から再起できた。

感受性が豊かでないと相手の気持ちがわからないので、いいビジネスにつながりません。

雑談の最大の目的とは、相手に気持ちよく話してもらうためのアイスブレイクにあると私は考えています。相手が緊張していたままでは思うように話ができず、商談などもうまく進まなくなってしまいますよね。まずは、相手が興味を持っていそうな事柄やお互いに話しやすい共通の話題から入って、緊張を解きほぐすことが雑談の意義ではないでしょうか。

標準化やマニュアル化という作業には、スタッフ自身がまず第一に「なぜ標準化が必要か」「なぜマニュアル化が必要か」ということについて確たる理論的根拠を持たなければならない。そうでないと、スタッフの抵抗に潰されることになる。

買うか買わないかは、あくまでも顧客が決める。

ページの先頭へ