枡野俊明の名言|掃除は心を整えるためのスイッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

掃除は心を整えるためのスイッチ。何も考えず、ただ一心に掃除に打ち込む時間を持てば、くよくよした気持ちも拭い去られるはず。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の浅はかな思慮だけで十分などと考えないで、書物に学び、他人の意見を聞くことが欠かせません。自分の意見に反対する人がいれば、なぜそう思うのか、よく聞いてください。他人の意見を聞くことは、他人の視点でものを考えるきっかけになります。他人の意見を聞かなければ、視野が広がりません。多くの違った意見を聞いて、そのうえで、自分はどう考えるのか。これが、本当に「自分で考える」ということではないでしょうか。

僕が伊藤忠商事で畜産課の課長を命じられたとき、そこは完全な赤字部署でした。部下の顔を見ても元気がない。社内の落ちこぼれと言われ、打ちひしがれていた。そんなときに何を言ったってどうにもならんのです。僕は彼らを元気にすることだけをまず考えた。

夜中に目を覚ますことは良くあります。ニューヨークの株価が大きく下がれば、翌日の日経平均も下がることが多い。それがわかっていても、上がれと念力を送ります。ブラックマンデーのようなことが起きたらどうしようと、不安で朝まで眠れないこともあります。市場が閉まっている週末は、株から離れられるので楽ですね。

情熱のレベルが高い人の周りには、人や情報が集まってきます。磁場の中心になっている人と会うと、いい刺激をもらえて、自分も頑張ろうという気持ちになれます。

よくいろいろな人から「なんで無借金なのに上場するんですか?」と聞かれるんです。私は会社を成長させるためには、上場が一つの通過点だと考えています。やはり、成長は全てを凌駕する。そういう強い意志を持って会社を成長させていきたい。

自分では「つまらない」と感じるものでも、他の人が「面白い!」と判断することがよくある。

イスラエルに関しては、日本人とイスラエル人の発想が対極的で面白い。彼らは極めて思想的で、若い頃からディベートで頭を鍛えまくるんです。だから、本当に頭がよくて、日本人が考え付かないような斬新なアイデアが出てきます。ただ、品質のいいものを作るのはあまり得意ではありません。だから、そこは日本人に任せればいいと思います。

ページの先頭へ