枡野俊明の名言|掃除は心を整えるためのスイッチ

掃除は心を整えるためのスイッチ。何も考えず、ただ一心に掃除に打ち込む時間を持てば、くよくよした気持ちも拭い去られるはず。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

重要なのは、相手の感情を理解することです。たとえば相手がイライラしているときは、「何かやってあげようか」と即物的に反応したり、逆に頭から反発するのではなく、「困っておられるのは、こういう理由があるからですね。よくわかります」等と共感を示すのです。別の言い方をすると、相手の感情そのものではなく、その中に隠れている論理にフォーカスすることが大切です。

実際にメールを返信するのはデスクに戻ってからですが、携帯にメールを転送しておき移動中に返信内容を考えます。考えがまとまっているせいか、こちらの方が速く書けます。こまめにチェックしてその都度返信するのではなく、何通かまとめて書く方が効果的です。

世の中には、ひとつの部署で、ずっとキャリアを積む人もいます。会社には、そういう人材も必要だからです。一方で、私のように、「いろいろなことを少しずつ知っている」という人間も必要です。多様性のない会社は成長できませんから、いろいろな特徴を持つ人がいなければならないのです。「スペシャリストとゼネラリストのどちらが有利か?」などと不毛なことは考えず、与えられた仕事で成果を出すことだけを追求してください。

トップは常に情報をオープンに発信しつづけることが大切です。「次はこの戦略でいく」「こういうことを大切にしよう」ということを全社に対して伝えます。ですから声を届けるためのメディアをきちんと構築しておく必要があります。

何をするにも、遅すぎることはありません。今からでも、やりたいと思ったことをすればいい。

私としては自由競争はいい、差が出るのも構わない、けれど次世代のことを考えると、階層の固定化は避けたいという思いはあります。だから、階層が固定化されていることすら気づかずに、自分らしさを追求するといっている人たちに、自分たちが置かれている状況に気づいてほしい。

日本が得意なのは、やはり集団戦なんです。集団戦で共同作業で積み上げるというのが。

農業は英語でアグリカルチャーといいますよね。アグリカルチャーという単語の中には、カルチャー(文化)という単語が含まれています。これは農業と文化が密接に結びついていることを意味しています。農業を失うと文化にも影響します。

企業は積み上げてきたブランド・エクイティ(資産価値)があるから、簡単に冒険できません。おもしろいアイデアが出てきてもボツになる可能性が高い。それならば、僕たちが代わりにそのアイデアにお金を出して実行してあげればいい。失敗したらWiLのせいで、企業はノー・ダメージ。うまくいったら、ビジネスとして買い戻してもいいし、独立企業として育てることもできる。大企業にとって僕たちは“都合のいいR&D(研究開発)センター”なわけです。

状況が良いときにはいつ悪くなってもおかしくないということを常に頭に置いておくことが大切です。安心しないということです。

ページの先頭へ