糸井重里の名言|お客さんにたくさんの仕事をさせた商品ほどよく売れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

お客さんにたくさんの仕事をさせた商品ほどよく売れる。例えば、大雨の中、僕はある演劇を観に行きました。傘を差してもズボンの裾が濡れてしまって不快に思いながら、何百人ものお客さんが傘を手に会場へ向かう光景を見た時、ここまでお客さんに仕事をさせるこの演劇の力は素直にすごいなと感心したんです。お金を支払う側に仕事をさせてしまう商品力、それは一体何なのかと。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「フルグラ」が売れたのは、これまでスーパーで米売場に置かれていたものを売れる売場に移しただけ。

「政治家とはどんな仕事か」と問われることが多いのですが、「決断と説明責任」と答えています。行政改革や少子化対策など、国や地方で論議されているもののほとんどは論点が出尽くしています。あとは、やるかやらないかだけなんです。

同じ石に二度もつまずくことは、世間の笑いものになる恥辱である。

ほとんどの社員教育関連の本は99%「褒めよ」と書いてありますが、本当に社員の能力を伸ばすには叱らないとダメですね。人を叱る場合、感情的に叱ってはならない、という意見がありますが、これはおかしい。叱る時、感情的になるのは当たり前。私は机をバンバン叩いて叱ります。社長と社員のベクトルが合ってこそ、会社は伸びるのです。ベクトルが合うまでは叱りますよ。社員をはれものに触るように扱ってはダメです。ただし、いきなり叱ってもうまく行かない。若い人も時間をかけて話せばわかるのであって、その人に合った叱り方が必要です。

日本ではなぜ熟することを良いことだと思わないんでしょう。熟成するって素晴らしいことじゃないですか。新鮮なのも素晴らしいし、フレキシブルであることも素晴らしい。しかし50、60、70と年を重ねることは、若い頃には無かったものを身に付けていけるということです。なのに、なぜそこで、「60でロックですか」みたいな話にすぐなってしまうのか。

いろいろ気を遣って、遠回しなコミュニケーションをするのはムダ。私が何でも(意見や情報を)言うので、社員も何でも言うようになりました。

日常生活で得た情報を見つめなおすと、投資に役立つということがあります。たとえば、自分が転職したい会社を探せばいいんです。転職先となると目先の給料のよさではなく会社の将来性が気になるはず。事業内容や経営者の人柄にだってこだわって探すのではないでしょうか。そこで本当に転職したい会社が見つかったら、それこそが投資対象にふさわしい銘柄です。

ページの先頭へ