糸井重里の名言|「お客さんは何をうれしいと思うか」を一生懸命に考えて具現化する

このエントリーをはてなブックマークに追加

生産者側の僕らの仕事は、「お客さんは何をうれしいと思うか」を一生懸命に考えて具現化すること。うれしいと思ってくださって多くの支持を得た商品ほどよく売れます。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の長所だけでなく、欠点を生かす視点を持つことが大切。

今のような大量生産、大量消費はもう続かんよ。そうなるとあまり資源を使わずに、それでいて付加価値のとても高い製品を作ることに経営のポイントが変わってくる。それに伴って経営者に求められる視点も「どれだけ付加価値を高めて、社会にその価値をもたらしているか」という具合に変わってくる。

企画を通すときは、企画を通すことだけにとらわれないようにしています。私のゴールは企画を通すことではないし、上司のゴールも部下の企画を却下することではありません。上司も部下も、面白い映画をつくってヒットさせることが共通のゴールです。そう考えれば、実は双方の間に言いにくいことなど本来存在しないのかもしれません。むしろ言いにくいことこそ相談したほうが得です。最終的なゴールを共感しているからこそ、相談を重ね、上司からヒントをもらえるのです。

あの動作(お客様がスーパーでキッコーマン商品をカゴに入れる動作)は見ていて一番楽しいですな。ありがとうございますとは言えないから黙っていますけど。

大成したければ大将の懐に入ることだ。ボケッとしていては出世は難しい。

バラエティ番組を通して、若い勢いのある人たちとの接点ができる。それが役者としてありがたい。

意識しているのは、どこまで叱って良いかという見極めです。叱られたときの社員の反応は大きく2つに分かれます。ひとつは、素直に反省したうえで「なにくそ」と思って頑張るタイプ。もうひとつは、叱られるとスネてしまい、「どうせ自分はできない人間だ」と諦めてしまうタイプです。前者のタイプの社員は厳しく叱っても、それをバネにして成長してくれますから、遠慮なく叱れます。ところが後者のタイプは叱り方を間違うとやる気をなくしてしまいます。前者のタイプに比べると、多少は柔らかい言い方をしなくてはなりません。

ページの先頭へ