内藤忍の名言|資産デザインに万人共通の正解はない

このエントリーをはてなブックマークに追加

どの程度までリスクを背負えるかは各人の事情によって違いますから、資産デザインに万人共通の正解はありません。自分に適した資産デザインを探すことができれば、投資の成功に大きく近付きます。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

俺はいつも3年先、5年先を見て仕事をしている。

あらゆる会社の存在意義は、哲学を世に問い続け、新たな価値を創造することにあると思います。

Yahooショッピングの手数料無料化で失うのは全社の売上の3%程度。とはいえ、100億円近い金額になりますので、両輪のうちのひとつである広告がしっかり稼げている今、軌道修正するべきと思いました。同様のモデルは中国アリババグループの淘宝網(タオバオ)が成功していることは知っていましたが、ヤフーの規模でそれをすると失うものが大きいため逡巡していました。しかし、僕らの強みは広告事業ですから、もう一度ECを広告として捉え直し、我々にしかできないECをやろうと考えたのです。
【覚書き|Yahooショッピングの出店者に対する手数料を無料化したことについて語った言葉】

昔は資金繰りが大変なので、営業のできる人が社長に向いていましたが、今は資金調達が簡単になってきているので、良い商品を作れる人こそ社長に向いています。

別の世界や母国以外の人々と接することで、様々な違いを感じることができるはず。そこでその人の立場になってみる、その人の靴を履いてみようとすることで物事を新たな視点から眺めることができるようになると思います。

MBAで学べるポイントは3つある。フレームワークやマーケティング理論といった「経営の定石」。その定石に基づいて優先順位を決め、計画に落とし込んでいく「意思決定」。最後は自分の考えを適切に伝える「コミュニケーション能力」。

放送作家として番組づくりに参加していますが、担当する番組が何本も重なると、それらすべてのアイデアを、いつもゼロから考えていたのでは間に合いません。そのため、ネタ帳を活用して、アイデアの井戸が涸れないようにしているのです。

生き生きと人生を送る社員からは新たな製品や事業を生み出すアイデアが必ず出てくる。

目を向けるべきは、同業者ではなくコンビニエンスストアであり、IT企業。コンビニエンスストアは商品開発にしのぎを削り、IT企業は既存の企業では想像しがたいほどのスピードで時代に合わせた変化を実現しています。最先端を走る企業の姿を見ていかないと生き残っていけない。

「かけがえのない人」と巡り会うために一番大切なのは真剣に生きること。正真正銘、それしかない。妙なパーティに出るよりも真剣に生きているほうが出会いに恵まれる。

ページの先頭へ