内藤忍の名言|資産デザインに万人共通の正解はない

どの程度までリスクを背負えるかは各人の事情によって違いますから、資産デザインに万人共通の正解はありません。自分に適した資産デザインを探すことができれば、投資の成功に大きく近付きます。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「信用してください」と言えば言うほど相手は不信感を募らせてしまう。名人級の詐欺師は「私を信用してください」などとは決して言わないはず。「信用して」はむしろ自分の信用をなくす言葉にすぎない。

一般的な日本企業では、経営方針を掲げて朝礼で「行くぞ-」みたいなスタイルが多い。スポーツでいうと、打順が決まっている野球型が得意だ。NHNジャパンは、現場が自由にやることとトップダウンを組み合わせながらマネジメントする、サッカー型の文化に近い。日本人はゴール前でシュートしないでパスを回すという話があるけれど、当社でそのようなことはない。

簡単な作業でも、その流れを想像して、具体的な作業として洗い出しておけば、スピードは格段に向上します。この「洗い出しメモ」の作成は簡単な作業だから、疲れが溜まりやすい夕方に、翌日の分を行なうといいでしょう。

もしかしたら、子供の運動会より会社の運動会を優先させる社員もいるかもしれない。それが会社に尽くす証だと思われたらとんでもない。家族を犠牲にして平気な社員が上に立つようでは、およそ尊敬される会社にはなりえない。子供の運動会に参加する方がよっぽど意味がある。

バブル崩壊以降、企業内での教育投資は10分の1になったとの調査結果もあります。その代替として、大学が各業種の技能経験者を雇い、専門トレーニングの総合講座を設置します。1、2年間は専念できるカリキュラムがいいでしょう。そこで受講生は、自分の再就職に必要な技能や知識を得ます。講師は、卒業生がどれだけ就職できたかで評価されます。成果主義を導入して、真剣な学びの場をつくり出すのです。

独自の視点というのは口で言うほど簡単ではなく、日々、生みの苦しみで取材の切り口を捻り出しているのが、正直なところです。斬り口が煮詰まった状態で取材をすると、取材相手のペースに乗せられて上滑りなコメントしか引き出せなかったり、他社の報道と似通ってしまったりします。そんなとき、新しいものの見方や斬り口を与えてくれるのが読書です。

「上司が悪いから、成果が出ない」「労働環境が悪いから、仕事ができない」というように、責任を他者に転嫁することは、他人の人生を生きるということです。「他人がどうであれ、自分は自分の仕事をする」というのが、自分の人生を生きるということ。そのためには、他人に自分のことを認めてもらうのではなく、自分で自分のことを認めなければなりません。

メジャー感が高い情報ほど、消費者はクチコミをしたくなる。一方、あまりにも普及し、ニュース性の低くなった情報は、クチコミ発信されなくなる。

日本の企業は、構造改革を時間をかけてダラダラとやるから、毎年やるはめになる。我々はそれを一発でやる。人間の病気も一緒で、漢方薬だけに頼ると時間がかかるが、悪い部分は切除したほうが治りは早い。我々は一度にやり切るから、完全にV字回復できる。1年我慢すれば結果は出ると思ってやったし、実際に業績も最高益まで一気に持っていっている。

私にも書けないときはありますが、書きたい気持ちがなくなることはありません。その気持ちを失って惰性で書くようになったら筆を折らなきゃならないでしょうね。

コンビニが追随できないような品質の日本食を効率よく提供できるようにしていれば、当然のように生き残っていけると思います。

人から指示されたり命令されたりしたことは気乗りしなくても、自ら決定したことは最後までやり遂げようとするものです。

初めはお客さんがこなくて。ものすごく安い料金が逆に周囲の反応を悪くしていたんですね。「あんなに安くて技術は大丈夫なのか」って。そこで、まずは来てもらって体験してもらわないとイメージが払拭できないと考えて、「タイムサービス 先着10名様 カット500円!」っていうのをやりました。魚屋がオープンする時の「鮭1本500円!」と同じ発想です。そうしたら、当日に10名のお客様が店頭に並んでくれていたんです。

ページの先頭へ