内藤忍の名言|資産デザインに万人共通の正解はない

このエントリーをはてなブックマークに追加

どの程度までリスクを背負えるかは各人の事情によって違いますから、資産デザインに万人共通の正解はありません。自分に適した資産デザインを探すことができれば、投資の成功に大きく近付きます。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

理念に沿った基準で評価されるからこそ、社員は迷うことなくお客様を喜ばせる仕事に取り組める。

僕らのDNAは生き残り戦略として積極的に「寂しさ」を培ってきたわけです。体がどんなに屈強でも、寂しさを十分に持っていない個体は、たとえ肉を独り占めにして生き延びる事ができても、子孫を継続的には残せず淘汰されてしまいます。つまり、私たちは子孫を残すために寂しさを感じるようにできているわけですし、互恵的にもならざるを得なかったわけです。私達は利己的な遺伝子を持つが故に寂しいし、互恵的性質を持つわけですね。

物事の相対性を意識するようになった原因の一つはやはり先の大戦です。鬼畜米英と唱えていた人々が、敗戦を境に平和と民主主義礼賛にがらりと変わってしまった。東京大学に入り文化人類学の授業で、ルース・ベネディクトの『文化の型』を読んだことも大きなインパクトがありました。日本の恥の文化を分析した『菊と刀』で著名な同氏が、様々な文化はそれぞれが完結した存在で優劣はないと主張していました。

メーカーがモノづくりを捨ててはいけない。

私は老舗呉服問屋で「いいモノならば売れる」時代から「モノが余っていて売れない」時代への変遷期を経験しました。その中で苦しみながら「売る側の思いをぶつけるだけでは売れない。顧客が何を求めているのかを知らなければならない」という要点をつかみました。

人が心や身体に疲れを感じるのは余計な心配ばかりしているからだと思う。

身近な例え話をすることで、多くの社員がそれまでの間違いに気が付いてくれました。

ページの先頭へ