内藤忍の名言|資産運用の実績は、「資産配分」「個別の銘柄選択」「投資タイミング」という3つの要素で決まる

資産運用の実績は、「資産配分」「個別の銘柄選択」「投資タイミング」という3つの要素で決まります。その中でも特に大事なのが「資産配分」。年金や各種ファンドの運用実績を分析した研究で、投資実績の8割が資産配分に左右されることが確認されています。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

誘導質問をされると、相手の都合のよい展開にどんどんなっていく。それを不快に感じる人も多い。誘導質問とは知らずに使っている人は、それを自覚した方がいい。例えば、モノが売れても、売った人や商品、企業の評判が落ちてしまう危険性がある。相手が後で「騙された」と苦情を寄せてトラブルに発展するケースもあります。

谷原誠の名言|誘導質問を不快に感じる人も多い


一度自分で決めたことをやめるのが恥ずかしいと思う人がいるかもしれません。しかし、計画を修正することは決して恥ではありません。むしろ、当初の予定に固執して、最終的に間に合わず、全体の予定を狂わせるほうがよほど恥ずかしい行為です。

和田秀樹の名言|計画を修正することは決して恥ではない


社員たちをよく知るからこそ適材適所に配属できます。経営者は人を知ることが大切です。人を知ることがなければ、人に任すことはできません。だから、人を知ることをまず徹底的に努力するべきです。

北尾吉孝の名言|経営者は人を知ることが大切


部下に感情的にダメ出しをしてもいいことは何もないですよね。民間企業時代、僕の部下の多くは年上だったので、年下の人間から「全然ダメ!」と頭ごなしに言われたら誰でも腹が立つじゃないですか。「なんだ、この若造」と。感情を呑みこめるようになったのはここ数年ですよ。

秋山浩保の名言|感情的にダメ出ししてもいいことは何もない


心得ておくべきことは、とにかく悪口であれ、批判であれ、絶対利用してやろう、全部肥やしにしてやろうという姿勢を持つこと。

吉田晴乃の名言|全部肥やしにしてやろうという姿勢が大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ