内藤忍の名言|資産運用の実績は、「資産配分」「個別の銘柄選択」「投資タイミング」という3つの要素で決まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

資産運用の実績は、「資産配分」「個別の銘柄選択」「投資タイミング」という3つの要素で決まります。その中でも特に大事なのが「資産配分」。年金や各種ファンドの運用実績を分析した研究で、投資実績の8割が資産配分に左右されることが確認されています。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

投資は小さな金額で始め、小さなステップを踏んでいくようにすれば、大金を失うリスクを負わずに勉強することができます。

最も大切なのは地道な勉強です。英語は留学しないと上達しないと考えている人も多いですが、留学経験者が英語ができるのは、留学したからではありません。その前にしっかり基礎を固めてから渡航したからです。逆に、基礎ができていなければ、留学しても英語は上達しません。現地に行き、ブロークンでのコミュニケーションはできたとしても、そこから壁にぶつかり、ブロークンがそのまま自分の癖として定着して、上達が止まる例をよく見かけます。

一番大事なのは、何が社員のためになるかです。

嵐の最中、経済学者にいえることが、「嵐が遠く過ぎ去れば波はまた、静まるであろう」ということだけならば、彼らの仕事は他愛なく、無用である。

どんなにベテランになっても、毎朝のラインナップ(朝礼)でクレドに書かれた「サービス・バリュー」を日々確認します。また、ラインナップでは、対話を通じてクレドの内容をより深く理解していきます。

三ツ星も高級菓子店も経験し、名料理人と言われる人とも働いてみて自分なりにわかったのは「技よりも心が大事なんだな」ということ。とくに高級菓子店「エルガーリッシュ」のムッシュ・エルガーリッシュと、「トロワグロ」のジャン・トロワグロは、心がすごかった。

私は以前、目的や意図を誤解なくスムーズに伝えるために、部下への詳細な指示書をつくっていました。目的、期限、予算、参照すべき資料などを紙の上に列記し、どのような計算書を出してほしいかを明文化しました。ところが、どういうわけか十分に意図が通じないのです。部下がつくってきた資料が、私の指示とはかけ離れている。考えてみれば、自分では完ぺきな指示書を書いているつもりでも、それを解釈すし実行するのは部下です。そのことを私は計算に入れていなかったのです。

ページの先頭へ