ヒラリー・クリントンの名言|自分を笑う。これは生き残るためには不可欠な手段

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分を笑う。これは生き残るためには不可欠な手段であり、隠れ家に引きこもってしまうよりずっといい。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

その商品やサービスのどんな部分に魅力があるかを判断するのは、売り手ではなくてお客様ですよね。ですから、お客様がどんなニーズを持っているかを、まずは聞き出すことが大事。お客様のニーズをつかんでこそ、初めて相手の興味関心に沿った話ができるようになります。

アメリカ人の息せき切った慌ただしい仕事ぶり、新世界の真の悪徳は早くも感染によって旧ヨーロッパを野蛮化し、まったく奇妙な精神喪失状態を蔓延させはじめた。すでに我々は休息をとることを恥じるようになった。ゆっくりと熟考することは、ほとんど良心の呵責を伴うようになった。我々は株式新聞に目を注ぎながら昼食をとり、時計を手にして考える。絶えず何かを逃しはしまいかと思う者のように生きている。何もしないよりは何でもいいからせよという原理がすべての文化の高級な趣味の息の根を止める。

強引な手法には社内外から反発がありましたが、失敗したら会社を辞める覚悟で臨んだことで、改革をやり遂げられたのだと思います。

グループ経営理念を定めたきっかけは、08年のリーマンショックです。当社は1962年の創業以来、多少の波はありましたが、総じて順調に成長を続けることができました。リーマンショックから始まった世界的な景気後退に見舞われてはじめて存続の危機感を味わったわけです。その後、需要は持ち直しましたが、これを機に、今後も繰り返し襲ってくるであろうグローバルな環境変化に飲み込まれないためにはどうあるべきかを追求しました。その結果、確固とした自社のアイデンティティを持たなければならないというひとつの結論に達したのです。

仕組みづくりのひとつの象徴が「MUJIGRAM」という13冊、2000ページというボリュームのマニュアルです。これを実行すれば、誰もが誰もがPDCAを100%回せるというものです。それまでの経験至上主義による暗黙知を、見える化・標準化したのです。これがあれば、店長のセンスによって店舗が変わることもありませんし、人が代わってもノウハウが失われてしまうことはありません。

ぼくは中卒で勉強はできません。でも、いまや世界を飛び回って仕事をしています。何の不自由もない。知らないことを恥じることはない。ぼくは社員に何でも聞きますよ。「教えてくれ」と。

我々が日本から送り出して現地で活躍している人材は、技術力を持った人が多いですね。海外でのビジネス、特にメーカーでは技術が求心力であり、それがないと組織も維持できません。それから、どこでも生きていけるたくましさも必要だと思います。英語は後から身につければ十分です。

ページの先頭へ