ヒラリー・クリントンの名言|人はその人の言い分や支持するものばかりでなく、その言行の結果からも評価されるべきだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

人はその人の言い分や支持するものばかりでなく、その言行の結果からも評価されるべきだ。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

将棋の水準は日進月歩でレベルアップしていますから、最低限求められる基礎を抑えるために、かなりの時間を割かなくてはいけないのも事実です。

あるタイプの人たちの文化においては話に割り込むことが決して悪いことではないということです。しかし逆に、落ち着いたキャッチボール式の会話をする人の場合には割り込んだら失礼です。国や地域、民族単位ではなく、個人にも差があります。まずはこのようにパターンがいろいろあると理解することで対応力が鍛えられます。

中学生の頃は伝記ものも読みました。そういった伝記ものを通して「天才はいない」と感じました。例えばモーツァルトだって、父親の友人にハイドンがいて、その影響を大きく受けている。ピカソだって、先人の影響を受けてそれを極めていってオリジナリティーが生まれている。初めから天賦の才でやった人はごく少数しかいないでしょう。環境や周囲の人の影響は大きい。そして努力が大事だと感じました。

信頼を得るには反応、レスポンスを早くすることも大切です。私が自分の最新の著書を紹介すると、すぐに翌日、その感想を送ってくれる人がいます。夜を徹して一気に読んでくれたのだと思うと、著者としてもありがたみが倍増し、もちろん印象にも残ります。これが1か月後だったら本を紹介したことすら忘れているかもしれません。

部下には1から100まで指示は出しません。ひとつの仕事があるとき、何のためにするのかという意義や最終的な全体像などは説明しますが、細かな手順ややり方などは部下に任せています。

あなたが純粋に他人の幸運を祝福すれば、祝福された相手はあなたに感謝し、あなたの友人や味方、メンターになってくれるでしょう。普通の人は他人の成功を羨ましく思ったり、怒りや悲しみを感じたりするのに、あなたは喜んでくれるわけですから。

一般的に、人は自分を好いてくれる人を好きになる。嫌悪も同じ。ただ、嫌悪の方がもっと激しい。人に嫌われたくなかったら、自分が嫌わないこと。これが大前提。

ページの先頭へ