ヒラリー・クリントンの名言|想像上のメンターに相談する

このエントリーをはてなブックマークに追加

スピーチをする時、想像のなかでルーズヴェルト夫人に語りかけ、さまざまな問題について助言を請うという話を冗談交じりに披露することがよくあった。想像するのに正しい相手を選びさえすれば、問題を分析したい時には、実際これはとてもいい頭の体操になる。エレノア・ルーズヴェルトはそういう意味で理想の人物だった。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

(ビジネスにおける)国境の壁なんて、思っているほど高く、険しいものではありません。ちょっと指で押す程度で、音を立てて崩れてしまうかもしれませんよ。

挑戦して失敗することに対しては拍手を送る組織にしたい。

今まであまり褒められなかった人たちは、褒められると俄然やる気になってくれます。雑談の中で何かひとつでも褒めるよう心がければ、組織全体にいい影響をもたらすと思います。

人事評価制度というと、評点のつけ方だけがクローズアップされがちですが、それは一つのプロセスに過ぎません。部下がどう頑張ってもらいたいかを上司と部下が話し合い、明確な行動目標に落とし込み、その目標が達成できるように、上司が伴走しながらフォローする。一定期間ごとに達成度をチェックし、反省したうえで、新たな行動目標を立てる。そうしたPDCAを回す一連のメカニズムが「人事評価制度」です。

管理するという意識だと、上から目線になるし、自分は動かないで指揮命令を下すだけになってしまう。それでは気持ちのギャップが広がるだけで、部下は動いてくれない。

第一勧業信組に来てから、必死に仕事をしてきました。350人の職員とその家族が路頭に迷うと思えば、それは必死になります。

「この世にくだらないものは、ない」。私が最も大切にしている言葉です。どんな仕事にも喜びは見いだせる。

ページの先頭へ