ヒラリー・クリントンの名言|何ができるかに意識を集中させる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトハウスの中にも外にも、私を公然と非難しようと手ぐすね引いて待つ人々は大勢いた。そういう騒音に知らん顔をするのは心苦しかったが、ビルと私は、自分たちを奮い立たせるために何ができるかに意識を集中させた。新しい環境のための新しい戦略を練る必要があった。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

携帯電話の市場はすでに成長期を過ぎて成熟期に突入しているわけですが、成長期は新しい機能を次々にアピールしていくことが重要でした。しかし成熟期のお客様は、ある程度携帯電話を使いこなされています。となると、大切なのは、お客様満足度の向上なのです。

何よりもまず現状の把握。当社を訪れた相談者で、元々家計簿を付けていたという方は2割程度。自分の年金受給予定額を知らない、夫婦で相手の収入や貯金を知らないという方もいる。相手に貯金があると思っていたら借金だった、では仕方ありませんね。現状から目を背けていないで、書き出して共有することが大切。

起業後の2年間は鳴かず飛ばず。そんな中で出会ったのが、松下幸之助さんの「諦めなければ必ず成功する」という言葉です。この言葉を素直に信じ、ダメなりに手を打ち続けるうちに、事業が軌道に乗っていきました。

「私はいつも割り込み仕事ばかりで予定が立てられない」とイライラしている人がいますが、いつもであれば、それは割り込み仕事ではなく定型業務と言えますね。

お互いに、自分が他人と違う点をもっとよく考えてみよう。そして、人真似をしないで、自分の道を自分の力で歩いていこう。そこにお互いの幸福と繁栄の道がある。

いったん原因が判明すると、無意識のうちに太る行動を避けるようになるものです。結果、5か月で10キロ痩せました。その間にしたことといえば、食べたものは水以外すべて、アメ1個でも必ず、食べたことを記録する。体重も量って記録する。それだけです。食べたい衝動を我慢することもなく、リバウンドもありませんでした。

人をつくらずによい製品はつくれない。

ページの先頭へ