ヒラリー・クリントンの名言|私たちはとにかく努力をした。そのことを、今でも私は誇りに思っている

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちが犯した最も重大な過ちは、あまりにたくさんのことをあまりに性急にやろうとしたことだった。といっても、その努力をしたことに関しては正しかったと今でも私は信じている。私たちはとにかく努力をした。そのことを、今でも私は誇りに思っている。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々は一人一業主義をとる。会社と生涯を共にする覚悟をもって、各自の本分に最善を尽くす。

地道な取り組みですが、これこそが近道。

ある理論にこだわるようになると、何かを始めるまえに、やるべきか、やめるべきかという判断を下そうとするようになります。そうした判断は、決めるだけでも、時間がかかります。データを集めて、整理分析し、比較検討して、議論する必要があるからです。そして上司の了解を取らなくてはいけません。そうしている間にも、マーケットは変わっていきます。

このところ企業の人事部の人と話していると「自分は特別」と思い込んでいる新入社員が多いといいます。自分は特別な存在だと考えているようなのです。そのことをはなから否定するつもりはありません。けれども、それを前提に「特別な私に一番フィットする会社を探す」などといって、会社を転々とするのは、どこかおかしい。会社において新人はスペシャルでも何でもありません。謙虚になって、職場の先輩から受けた指示をしゃにむにこなしていってほしいと思います。

やり方がどんなに正しくても、ITを使ってできたプロダクトが少し使いにくかったり、分かりにくかったりすると100%失敗する。反対に、プロダクトがとても使いやすくて素晴らしいと、仮にターゲットを間違えていたら、ずらせばいい。

いつかは挫折する時があります。どうぞその時は自分に負けないでください。

メールを速く返すということを実践していると、いい情報がたくさん集まってくるのです。だれでも、きちんと速く返事をくれる人には、いい情報を教えてあげようという気になるものです。

ページの先頭へ