ヒラリー・クリントンの名言|逆境を乗り越えるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はどこに助けを求めればよいのかわからなかった。そこで逆境に直面した時にしばしば使う手を使った。あれこれ考える暇がないように、自分を超多忙なスケジュールに投げ込んだのだ。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業買収では、多くの経営者がただちにシナジー効果を求めたがります。ですがシナジーを出すよりも先に、買収先の企業が投資に値する利益を出すことを優先すべきです。

コーチングの最終的な目標は、自ら質問し続け、自分で成長していける人材にすること。

渡米した直後は言葉も話せませんでしたし、文化や風習、言葉の壁に思い悩む日々。これは仕事をする上でも戸惑うことも多かったのですが、会社では厳しい中でも多くのチャンスをいただくことが出来ました。特に当時の上司でJ・ニールセンという方に出会い、いろいろなことを学ぶことが出来たのは非常に大きかったです。
【覚え書き|ブラウン・ブラザーズ・ハリマン時代を振り返って】

やる気の源は、自分が素直に面白いと感じたことをやることです。

ほかの人と私が違うところがあったとしたら、それは失敗の数です。私は農薬に対して無知だったから、誰よりもたくさん失敗しました。

どの業界を見渡しても、大成功している創業経営者には異業界の出身者が多い。一方、元々経験が長い業界で事業を起こす創業経営者の多くが一定の事業規模に留まっている。この原因は、同業界での創業となるとその経営者は発想の転換ができず、周知の視点で事業を企画してしまうから。

日々の研究をおもしろいと感じることと、将来の時点で拍手喝采を浴びること。その両方があることが、研究者のモチベーションが続く理由。

ページの先頭へ