ヒラリー・クリントンの名言|自分のスタイルと他者からの要求のバランスをとる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーストレディに訓練用のマニュアルなどなかった。この仕事に就いたのは、結婚した相手の男が大統領になったからだ。私の先輩たちは、それぞれ自分なりの姿勢、期待、好き嫌い、夢、疑問をホワイトハウスに持ち込んだ。どの人も自分自身の興味、スタイルを反映させて、それが夫、家族、国の要求に叶うようにバランスを取った。私もそうする気だった。私以前のファーストレディと同じように、私が引き継いだ機会と責任にどう応じていくか決めなければならなかった。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今日のCEOに必要なのは、不確実性の中でも、前に進むこと。

値上がりを期待して株を買ってはいけません。値上がりしそうに思える株は、値下がりする株だからです。値下がりが続いて、もうこれ以上は、ここから値下がりしても底が知れているという株を買うんです。みんなが見放してしまって、値上がりしそうもないと思える株を、買い支えてあげるんです。

劇団を解散したときに貯金はゼロでした。焦りは不思議となかったですね。最初は仕事がすぐ来ると思ってたんですよ。しかし来ない。考えてみれば映像の世界では無名ですから。でも、ある程度知られていけば仕事は来るだろうなと。とにかく仕事を一つ一つこなしていけば、きっと回り始めるだろうなと勝手に思ってましたね。やっぱり自分が23歳から42歳まで19年間、劇団で、役者というものの土台をしっかり作ってもらって。それはそれなりに自信があったというか、これでやっていけるというものが培われたと思ってましたから。だから、きっと仕事が来れば、やる自信はあると。

営業は初回からゴールを見据えて臨む姿勢が不可欠です。ゴールとは相手に意思決定をさせること。この一点に向けてすべての言動をセットしましょう。初回に関して言えば、相手が決めるのは「次も会いたいか、会いたくないか」です。

アーティストにとってパフォーマンスは1回きり。失敗は許されません。その緊張感を持ちながらも、まだまだ新しい事に挑戦していきたい。

「雑談=中身のない無駄話」なのですが、だからこそ意味があるのです。雑談は、その場にいる人たちが共有する「空気」を作り出すものです。意味のある会話は重要ですが、それだけではどこか息苦しくなる。そこにいる人たちを気詰まりのない関係にして、互いの距離を縮めてくれるのが雑談力であり、それ等は「中身のない話」だからこそ可能なのです。

健康の秘訣があるとしたら、脳天気なとこですね。好きなことをやっているだけという気持ちが強いから、悩まない。昔からストレスとは無縁なんです。

ページの先頭へ