ヒラリー・クリントンの名言|信用できる人と仕事に取りかかる

このエントリーをはてなブックマークに追加

大統領選のキャンペーンほど複雑でプレッシャーの多い企てを、大勢の人を信用しないでできるものではない。私たちは信用できると思う大勢の友人とキャンペーンのプロたちとともに、仕事に取りかかった。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一度でも困難を克服したことがある人は、困難を越えた先には、自分にとっての、新たな可能性が待っていることを知っている。そして、その困難が大きければ大きいほど、手に入る成長も大きいことに気づいている。

お金を生むか生まないかは、世の中が決めることで、僕らが戦略として考えることではありません。

広い分野を総合的に手掛けているため、仮に1つの業界で受注が減っても、他の分野でカバーできるという点は間違いなく当社の強みになっています。

常に付加価値を付けようとする意欲を持つことや、健康を維持することなどに関する投資は、何十年も続くことを考えても、「短期ではなく長期に結果を求めること」が、ビジネスパーソンにとって大切です。

美肌一族を売り出す際、不安がまったくなかった、というわけではありませんでした。でも私には、大勢の女の子が「こんな化粧品、可愛い」と感じたり、「こんな化粧品、使いたい」と思うものがわかっていたので。ある程度、人気を得られるという確信はありました。『JJ』という女性誌で読者モデルをやっていた時代に身につけた感覚なのだと思います。

コストダウンだけをやっていれば、会社の活気は次第に失われていきます。それよりも、面白い企画を考えて、増収を目指したほうがいい。

簡単な道を歩くと競合に勝てない。だから、あえて困難な道を歩くことが大事。

ページの先頭へ