ヒラリー・クリントンの名言|意思決定のデッドラインを決めなさい

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はビルに「意思決定のデッドラインを決めなさい」といった。ビルを知っている人ならわかっているが、デッドラインが決められていないと、賛成・反対の可能性をいつまでも探りつづけてきりがない。ビルは7月17日をデッドラインと決め、どっちに転ぶにせよ、ホテルで声明発表するといってホテルの予約をした。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「仕事ができる人」というと何か特別なことがあるのって感じがしますが、おそらくそんなものはどこにもないし、教えられるもんじゃない。それこそ失敗を繰り返しながら薄皮を剥ぐように身につけたことの方が役に立つんじゃないでしょうか。僕だって日々の撮影の中でいろんなことを試して、そのなかで次につながっていくのは、せいぜい1割か5分程度です。そんなもんですよ。

私が先輩方から教わったことを後輩たちに伝えていくのも大切な仕事です。「コツコツ努力しましょう!」なんて、いまの若い後輩たちが利いたら面倒に思うのかもしれませんが、そんなことを口うるさく言う役割もあえて引き受けようと思っています。

店舗の駐車場は営業日報では上がってこない情報の宝庫です。販促用ののぼりはきちんと立てられているか。店舗周辺で、雑草が生えていないか。それらは、「これくらいならいいか」と見過ごされがちな小さなことですが、細かな部分に気を配れない店舗では、結局、それがお客様へのサービスにも表れてしまいます。こうしたことを指導しようとするなら、現場に足を運ばないとダメなのです。

データセンターの事業は、非常に参入障壁が高いが故に大企業に席巻されていて効率が悪い。ですから逆に「これはいける」と雷に打たれたように感じました。

リーダーの育成はトップの使命であり、私の最優先課題は人づくりだと考えています。

生来私はものごとに満足できない人間で、一応上手くいっている事業を見ても、時代に遅れてはいないかとか、革命的な技術が出たらどうなる、順調のようでも波乱が潜んでいる。というふうに、常に反対側の面が目につく男で、そう思ったら思った通りを口にし、筆にしてきた。

部下がミスしたときは、なぜミスをしたのか、レポートを書かせましょう。レポートを作ると、自分でミスの原因を考える必要があるので、ヘタに怒って萎縮させ、結局何も反省していないという状態より、格段に効果が期待できます。

ページの先頭へ