ヒラリー・クリントンの名言|よく働き、金を貯め、賢明な投資をしてこそ経済的に自立できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

父は小学生だった私に株式市場の動きを見ることを教え、たびたびいった。「金は木に成りはしないんだぞ」。よく働き、金を貯め、賢明な投資をしてこそ経済的に自立できるのだ、と。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

偶然に大手ハウスメーカーへ入社してから20年間、本当に楽しく、思いきり仕事をさせてもらいました。しかし、47歳のときに最悪の上司に恵まれまして(笑)。どうしても反りが合わず、辞めたくて仕方がなくなって退職を決意。その後起業したというのが経緯です。世の中、何がきっかけになるのか分からないものです。

私が『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』という本の原稿を書いていたとき、妻に「ゴロって何?」と聞かれた。ゴロはゴロだろう、と私は思うんです。だけど、妻の疑問のおかげで、野球とは何かあらためて考えさせられた。私からすると超越する脳で、やっぱり妻の話を聞いたほうがいい。刃向かったりしたら損だと思います。

勝ち組組織をつくるには、「遂行能力」と「戦略思考」という二つの力が必要だと考えています。残念ながらエスエス製薬には戦略思考が欠けていました。社長就任当時は業界全体の縮小に比例して、毎年売上が落ち続けるというジリ貧状態でした。なぜなら去年と同じ仕事は無難にこなせるものの、新しいことに挑戦して課題解決を図る能力が劣っていたからです。

情報収集をする際は、あまり網羅的にしないことです。インプットとアウトプットのバランスが必要です。一般の方でも、ブログを書いたり、電子書籍を書いたり、ツイッターで、その分野の専門家と議論してもいいと思います。アウトプットをするために、何が自分に必要な情報なのか、目的を意識して情報を収集・分析すると整理しやすくなります。

教えてもあかんやつはあかん。でけんものはできへん。

僕が以前いた日本コカ・コーラでは、6カ国の人が経営チームにいたんです。最初は言語も文化も違うし、困ることもありました。ただ、異なる言語と文化の中で育った人がそろっていることによって、組織にすごく厚みが出る。

幸か不幸か、攻撃する側がウィルスの完成度を確かめるために、力スペルスキーのソフトで検知されるかどうかを試すともいわれています。つまり、守る側も正しい選択をしている企業とそうでない企業では、危険性が圧倒的に異なるわけです。

ページの先頭へ