ヒラリー・クリントンの名言|説得しようとする相手に、当初低く見積もられていると、それが有利に働くことが多い

このエントリーをはてなブックマークに追加

説得しようとする相手に、当初低く見積もられていると、それが有利に働くことが多い。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

橘丸は先代の橘丸にも使われていたイエローオーカー色を基調としていて、非常に鮮やかな船になっています。そこにオリーブ色を織り交ぜたツートーンのカラーリングが入っているのも今までにない色合いだと思います。ですから、遠くからでもすぐ分かります。非常に目立つんですね。斬新かつ画期的な色使いにしたのも、ネーミングが古いからです。古い名前でもデザインで人の目を引くと。その意味では話題性があると思います。

私は常に自然体でありたいと思っています。気を張って自然体であろうとしているわけではなく、私の生き方と同じで、楽観的にポジティブに考え行動し、無理はしません。

どうしても許せないのは、挨拶ができない人です。守衛さんに挨拶しない人間がいる旨の匿名の社内メールが届きました。自分の目で確かめに行くと、守衛さんが「おはようございます」と声をかけてくれているのに、ろくに返事もしない社員がいる。そういうときは怒ります。「ふざけるな。伊藤忠パーソンだ何だと偉そうに言う前に、社会人としてやるべきことをやれ」とハッキリ言います。

日本の経営者には、リスクをとって挑戦するより、無難に経営をこなし、死ぬまで会社の鎧を脱がない人が多い。「第二の人生」では、もっと自由になってほしい。そうすればアイデアも生まれるはずだ。

時代が大きく変化している。我々もそれに対応できるように変化する必要がある。ビジネスモデルを根本から変えなければならない。

会社員時代は商品開発をしていたので、「一年後には自分の作ったものが世の中に届いて、お客様の喜ぶ顔が見られる」といった、将来成功した場面をイメージしていました。常に「今日の仕事の先にある未来」を思い描くようにしているのです。すると、目の前にある課題や困難は大局の一部に過ぎないと思える。自分が今いる場所を、少し引いた視点から客観的に見ることができるのです。

強大な相手は、自らの強大を頼んで、こちらをなめてかかり、十分な備えを怠っていることが多い。それがこちらにとっては付け目なのである。敵の手薄に付けこみ、敵の意表を突く。当然、こちらから積極的に仕掛けて、敵を手薄な状態に追い込むような策も考えられてよい。

ページの先頭へ