柳井正の名言|生きているうちが花なのだから、生きているうちに何かやったらどうですか

人間はいつか死ぬ。生きているうちが花なのだから、生きているうちに何かやったらどうですか。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

説得力、専門知識、大局観など、CMO(最高マーケティング責任者)に求められる資質は非常にたくさんあります。人柄も重要です。組織の風通しを良くすべく、社内に敵をつくらないようにしなければならないし、好き嫌いで人を異動させたりするなどご法度です。新時代のCMOに求められる役割は、マーケティングの専門チームを率いる企業の変革の担い手です。

大成建設「工場十訓」

  1. 始めこそ準備の甲斐はあるものを 手後れするな思案第一
  2. 大局は忘れがちになりこころせよ されど小事に油断せずして
  3. 親切に真心込めてはたらけば 渡る世間はみな仏なり
  4. 責任はおもきものなり 後の世にのこる仕事の恥をさらすな
  5. 職工は仕事の宝こころして けがわずらいをさせぬ用心
  6. 上下のへだてはあれどまんまるく 規律のうちに仲をよくして
  7. 何事も工夫こらして進めかし 無駄をはぶけば上下繁昌
  8. 順序よくものととのへば自から よき働きは進めこそすれ
  9. 約束を守るところに信用の 花は咲くなり実は結ぶなり
  10. 終わりこそ大事なりけり丁寧に 清めてわたし跡をにごすな

私が考える責任感の本質とは、自分以外の守るべきものを持つことにあります。

競争相手から社員を引き抜かれる会社が、社員を引き抜く会社に負けるわけがない。こうしたことは、どこかで止まります。この3から4年、何人もの社員がうちを辞めて競争相手に行きました。しかし、辞めた社員が「行った先の仕事は面白くない」とか「自分の能力向上にはこの会社は駄目。コマツにいたほうがよかった」という声が返ってくるようになりました。そうして辞めていく社員が少なくなってきたのです。どの会社も一度はたどる道だと思います。

夢のベースになるのは健康。

不正の証拠や証言の確保はもちろんのこと、告発を受けた窓口の対応、告発ターゲットの行動、自分とのやり取りなどの内容を記録した、日誌的なメモを作るといい。相手が不当に報復してきた場合への備えとして必要だし、自分の告発・告発方法の正当性を示す証拠としても重要だ。

コミュニケーションはグローバル企業の肝になります。人は簡単に誤解します。異文化同士ではなおさらです。就任以降、タウンホールミーティングという社員との対話の場を設けました。こちらから語り掛けるだけでなく、双方が話すのです。

コーチに執念がなければ、熱意が選手に伝わるはずがない。

現存する職業が今後も存続するとは限らない上に、新たな職業も続々と誕生する中で、既存の職業を念頭に置いてキャリア設計を立ててもあまり意味を持たない。

若いうちから真剣勝負の場にどんどん放り込むことが重要。自由にやっていい環境を与え、「出る杭になってはいけない」という心の留め金を外してやればいい。

ページの先頭へ