柳井正の名言|生きているうちが花なのだから、生きているうちに何かやったらどうですか

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間はいつか死ぬ。生きているうちが花なのだから、生きているうちに何かやったらどうですか。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大勢の前で話すときも、場全体を見ること。一番先に入室し、内装や机のレイアウトなどを眺める。人が入ってきたら人数を数える。見られる側ではなく、見る側に回れば場のイニシアチブが取れます。

新市場を創出した後、先行者は手をこまぬくのではなく、ライバルが出してくる商品よりも先を行くモノを投入しなければなりません。

上司や顧客に対して、自分の努力や能力をアピールするだけでは大きな評価は期待できない。相手が知りたいのは、自分にどれだけの利益をもたらすか。

気配り上手な人は、誰にでもフェアに接する。しかも、相手に自己重要感を与える会話を心がけている。

上手くいかないとき、環境のせいにする前に、自分ができたことをやりきったかどうか自問自答すべきです。

危機に瀕して経営者がなすべきことは、まず理念を確立し、その理念に即して社員の行動を変えるための仕組みを整える。そのうえで日々変化を巻き起こしていく。この3つに尽きます。

僕は目の前にあるものは何も見ません。現在の流行とは1、2年の遅れを経てここに形になっているため、今から同じ事業を展開しようと思っても絶対に間に合わないのです。

ページの先頭へ