柳井正の名言|生きているうちが花なのだから、生きているうちに何かやったらどうですか

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間はいつか死ぬ。生きているうちが花なのだから、生きているうちに何かやったらどうですか。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

頭の固い上司に企画書を通すとき、絶対やってはいけないこと。それは、「完璧」な企画書を作ってしまうことです。そんな上司はどこかにスキを見つけては指摘してくるもの。まったくもって意味がありません。正しい攻略法は、上司の性格を逆手にとること。あえて不完全な企画書を提出し、明らかなミスを「疑似餌」にすることで、上司の関心がそちらに向くよう仕向けていきます。その後、修正された企画書を見た上司は、「自分が口を出したとおりに企画書が変わった」→「これはオレが手を加えた企画」→「つまりはオレの企画」と心境が変化。結果、「オレの企画」を通すために尽力してくれるというわけです。

金持ちのカネの遣い方なんかを心配する前に、どういう人生を送りたいのか本気で考え、自分なりの覚悟を決めることだ。

派遣社員の正社員化で、何より現場の人間同士の意思の疎通がよくなりました。それと当社では「6S」と称して、整理、整頓、清潔、清掃、躾、作法を徹底してやらせていますが、こちらも目に見えてよくなっています。やはり日々のちょっとしたケアがロス率に関わっているのです。

世の中は常に変化し、人生には予期せぬことが起こり、そして、人間は必ず死ぬ。こう覚悟しておけば、度胸が据わります。大変な災害に遭おうと、会社をリストラされようと、「ああ、これこそ世の習い」と感じることができれば、慌てふためくことはありません。

世界各国でビジネスを構築するのに必要なのは柔軟性だと思っています。その国の習慣や文化に最も適応できる形をとればいいのです。そして、私自身が世界の様々な市場で事業を行って学んだ経験から、忍耐も大切だと思っています。

パワハラタイプの上司には遠慮なく近づいて、徹底的に頼ろう。そうすれば「しょうがねえな」と言いながら面倒を見てもらえるうえ、周りから攻められそうなときは守ってくれるから心強い。

リーダーシップという点でも、失敗や挫折の経験が役立つことがあります。そうした経験をすると結果的に、「仕事で他の人の手本となり、助言・指導をする」メンターとしての役割を学ぶことができる。

ページの先頭へ