柳井正の名言|本気でやれば、できないことはない

いつ死ぬか分からないなら、生きているうちに自分ができることをやったらいい。本気でやれば、できないことはない。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は、心と身体と頭の状態が健全でないと、100%の力を発揮できません。趣味や休息の時間を確保することは、この健全性を保つために不可欠です。

医薬品は息長く、あきずに、人の幸せを念頭において一心不乱に考えぬく力からしか生まれてこない。

センスが育つのは、ほぼ自身の経験でしかありません。センスに依存する経営という仕事は、どうしても景気などの外的要因に左右されやすい。経営陣やCEO(最高経営責任者)の近くにいた経験がないと、難しいかもしれません。

子供のころの夢って、仕事に関係なかったと思うんです。僕の場合は、フェラーリに乗ることだった。夢ってそういうもので、仕事の成功やお金は、夢を実現する手段として必要なものです。ところが、多くの人はお金や仕事の成功自体が目的になっていて、「そのお金で何がしたいの?」というビジョンがない。だから、ちょっとしたことで気持ちが折れてしまう。

一番必要なのは自分に負けない心、折れない心じゃないですかね。練習ならば妥協せずに続ける気持ち。試合ならば強い相手を恐れずに立ち向かう気持ち。

一昔前は、奥さんが家計簿をつけて、決まった収入の中でいかに上手く切り盛りするか、という発想でもよかったんです。しかし、経済の発展に伴い、銀行のローンや生保といった金融サービス・商品、株取引などをはじめ、貯蓄・運用の形も大きく変わりました。その結果、家計も複雑になり、従来の家計簿では対応することが難しくなりました。そこで、企業で使われている複式簿記の考え方を家計で利用する方法として、家計決算書を提唱してきました。

大して貯金しないまま退職を迎えてしまった。これでは老後資金が足りないと、退職金のほとんどを株につぎ込むようなことは絶対に禁物。相場が急落して、将来の生活資金が紙くず同然になったら大変なことになる。

私たちがやろうとしているのは新しい価値観の創造です。航空料金を下げることで、これまで飛行機を使っていなかった人たちも飛行機を使ってもらう。バスや電車を利用していた人にも、飛行機を移動の選択肢のひとつだと気づいてもらうのです。

世の中には自分たちよりはるかに優れた取り組みをしている企業や組織が数多くあります。ならば、外に出て多くの人に会い、話を聞き、情報をインプットする。そこからアイデアがふと生まれるのです。

好きなものは誰しもありますが、自分が好きなことが、即他人に伝わるほど世の中は甘くない。プレゼンでもそうですが、「自分」が出すぎるとウザいんです。多くの人に思いを伝えるためには、たとえ自分作業であっても「読者」という第三者の目が必要です。

今はどこの会社や工場でもよい商品をつくろうとして、品質管理を一生懸命に勉強している。でも、それよりもっと大事なのは、きみ、人質(じんしつ)管理やで。

結果に拘り過ぎると平常心でいられなくなり、本来の実力が出ない。そんな時は「今、やるべきこと」に集中することだ。

日本の高校を卒業して大学へ入学したばかりの学生へ、その答えが「なぜ正しいのか」と質問すると、「正しいと習ったから」と返ってくる。これではダメだと思う。実社会では正しい答えが常に用意されているわけではない。

ページの先頭へ