柳井正の名言|ビジネス=実行

ビジネス=実行です。ビジネスは、勉強とは違います。勉強しても、できなければ意味がない、それがビジネス。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

官僚も普通の人。聖人でも悪人でもない。職場での居心地と将来の出世が気にかかる。それを決めるのは同じ府省に勤める仲間の評判だ。仲間の評判を高めるには、それぞれの府省の予算を増やし、組織を伸ばし、規制権限を広げることである。景気をよくし、経済を活発にする規制緩和に官僚たちが抵抗するのは当然だろう。

堺屋太一の名言|官僚が規制緩和に抵抗する理由


父は大抵、直感で行動したら結果が出て、成功した理屈を後付けで考えるという経営スタイルをとっていました。ある意味天才的です。逆に私は、直感ではなく理屈で事前に考えて正しいことを何か見つけてみようと考えました。

高田旭人の名言|自分なりのスタイルでやる


人が集まる場所には、さらに人が集まる。「みんなで渡れば怖くない」という日本人は特にその傾向が強い。誰しも周囲には影響されるので、人気が出だしたコトに目をつけよう。しかし、既に皆が知っていればもう終わりだと心得てください。

西川りゅうじんの名言|人が集まる場所には、さらに人が集まる


私が社長に就任した当時、社内の意思疎通の悪さが問題でした。首脳陣は現場に対して達成できそうにもない経営目標を押しつけ、現場は達成が困難であることが分かっていても、目標を受け入れるという具合に、事業に無理が生じていました。そこで組織をフラットにして、社長と事業部門が緊密にコミュニケーションを取れるようにしました。

釜和明の名言|経営者と現場が緊密にコミュニケーションをとれるような組織を


いつか三宅(裕司)さんと同じシーンに出たいな。ひと言でもセリフを交わしたい。それができたら、ふたりきりのシーンがあるといいな、と。そう思ってやっていました。威勢のいい話ができなくて申し訳ないですけど、どうにかしてトップに立ってやろうとか、自分で劇団を旗揚げだとか。そういう欲は今も昔もないままです。

小倉久寛の名言|どうにかしてトップに立ってやろうとか、自分で劇団を旗揚げだとか。そういう欲は今も昔もないままです。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ