柳井正の名言|自分で考えなければ、実際の行動に移せない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で考えなければ、実際の行動に移せない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

素人だからこそ、業界の前例や慣習に囚われず、新しい発想ができる。

人の心に届く物づくりには物語がある。私心を超えて人々の幸せを願う心が強くあってこそ、自分から変わり、周りも元気にする良循環の道は開かれてゆく。

一回契約を切られたからといって、態度を変えるようでは次の機会に大きな得を得ることはできません。慌てて撤退せずに、細い絆であってもつないでおくことが肝心だと思います。

お客さんの期待を裏切らないのが、うちのトップ・プライオリティ(最優先事項)です。

リクルートに入った当初、全然仕事ができなくて、毎日上司に怒鳴られっぱなしで、壁に手帳を投げつけられたこともあります。すごく鍛えていただきました。百万人を集客する企画を提案したときも、それを自腹でもできるか否かを尋ねられ、「少しでも迷いがあるなら、そんな企画を出すな!」と、ビシッと言われました。

商品開発も、消費者との接点である販売の現場を大事にしてこそ、現場から消費者のニーズがフィードバックされ、市場に合った開発が可能となる。価格や経営の効率性だけでなく、エンドユーザーを見ることが、売上高営業利益率向上のカギだ。

経営者がいいかげんな仕事をしていたら、社員は絶対に仕事をしない。

ページの先頭へ