ピーター・ドラッカーの名言|顧客を満足させることが企業の使命であり、目的である

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の目的と使命を定義するとき、出発点はひとつしかない。顧客である。顧客を満足させることが企業の使命であり、目的である。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の仕事はゼロから新規事業を立ち上げることです。事業そのものはずっと継続していきますが、新規立ち上げプロジェクトには終わりがあります。「終わりがある」ということが私は好きですし、それが手帳術にも反映していると思います。

「ヒト、モノ、カネ、情報」の関係は、ヒトが頂点、残りが底面をつくる三角錐の関係です。この関係を間違えると、ヒトをカネに変えるリストラを平気でやってしまう。どれだけヒトに投資できるかで、企業の成長は決まります。

お金持ちになりたいなら借金をしないことです。あなたはローンなどを抱えていませんか?それを返すことと、投資をすること、どちらが確実に徳になるか考えてみたことがないのではないでしょうか?

02年のW杯で日本代表に選ばれなかったとき、何がいけなかったのかを反省して、どうすればこの悔しい経験をバネにできるか考えてました。下を向く必要は全くない。ウジウジしてたら、その時間がもったいない。

電力不足などで外出が減り、巣ごもり消費が増えれば、夜中に注文した商品を翌日午前中に届ける「トゥデイ・ショッピング・サービス」などで、お客様の新たなライフスタイルの利便性に貢献します。

死ぬならば散るように、生きるならば枯れることなく。

お客さまの期待に応えることで企業は繁栄するし、取引先からも信頼される。それが社員一人ひとりの信用につながっていきます。

ページの先頭へ