スティーブ・ジョブズの名言|我々は宇宙に衝撃を与えるためにここにいる

我々は宇宙に衝撃を与えるためにここにいる。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

十分に力を持った人が変化して、新しい仕事に取り組んでいき、元の職場を他の人に残してやらないといけません。そして、金のある人は文化に投資し、消費していかなければなりません。格差がいけないのではないんです。能力のある人が文化に金を使わず、新しい仕事に移っていかないことが問題なんです。

「規模が大きくなること」と「会社が成長すること」は違う。売上が伸びて仕事は増えても、人は思うように育たず、仕事の質は高まらない。辞める社員が出ると、その「穴埋め」として中途採用をする。その繰り返しでした。そこで、地元の高校を卒業した人を新卒で採用し、しっかりと育てていく文化をつくりたいと考えました。新卒をイチから育てるのは、遠回りではあるけれども、長い目で見ればきっとプラスになるに違いないと。

いまはこうやると上手くいくという成功事例や、これが原因で失敗したといった失敗事例がコンピューターの中にデータベース化され、誰でもアクセスできますので、多様な疑似体験ができるようになっています。ただ、仕事の勘所はいまでも現場でのOJTを通してでないと身につきません。

価値観が不明確な人間はまわりを見るばかりで決断ができない。自分の価値観を持つという最も根源的な力が中核にあって、初めて決断のスピードが生まれることを忘れてはならない。

今後、とくに身につけたいのは「ニーズから創造する力」。生産現場はロボット化が進み、ビッグデータの活用で消費者の行動が探れる時代。とはいえ、ニーズを理解したうえで創造性を加味し、製品やサービスに落とし込んでいく作業は、人間にしかできません。こういう力を日々磨いていけば、新たなビジネスやパイを創り出せる。仕事の奪い合いから脱却できるのです。

どんなにいい専門性を持っていても、人にアピールしないとビジネスにならない。

大抵の人は、お辞儀というのは「相手に敬意を表する」ことと思っているが、それは第二義である。第一義は相手を敬するということではなくて、「自らを敬す」ということである。お辞儀をするということは「自分が相手に敬意を表すと同時に、相手を通じて自分が自分に対して敬意を表する」ことである。

今の時代、データや情報を増やそうと思えば、コンピュータでいくらでも増やせます。しかし、そのデータや情報の多くは役に立ちません。役に立つのはインテリジェンス、つまり諜報です。私なりに定義すれば、それは勝つための情報であり、ごく限られたものです。

管理するという意識だと、上から目線になるし、自分は動かないで指揮命令を下すだけになってしまう。それでは気持ちのギャップが広がるだけで、部下は動いてくれない。

成城石井は輸入食材を中心に、どこのスーパーも取り扱っていない珍しい商品を店頭に並べることが多く、そんな商品は失敗のリスクも大きい。それでも挑戦するのが成城石井のスタイルです。私が失敗を引きずらないのは、挑戦を後押しする成城石井のスタイルも影響しているかもしれません。

チャレンジの際は2つの条件を守るべきです。

  1. 致命傷にならない規模で行なうこと。やはり会社が潰れるような挑戦は避けるべきです。
  2. ルールを破らないこと。法律にのっとるのはもちろんのこと、企業にはそれまで培ってきたルールがあります。売掛金を作らない、人をだます商売はしない、などです。

自分がコントロールする、毎日達成できる、具体的な目標がいい。たとえば「毎日10分○○をする」といった程度で十分です。毎日連続でやって、その連鎖を壊さなければ、いつの間にかすごいことになっています。

人を動かすには、信頼関係の構築が必須です。リーダーを信じられなければ、部下は全力で動けません。「信じてついてきてほしい」というリーダーの常套句も、信頼関係がなければ効きません。

ページの先頭へ