スティーブ・ジョブズの名言|我々は宇宙に衝撃を与えるためにここにいる

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々は宇宙に衝撃を与えるためにここにいる。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

創業時から今も心がけているのは、会社を楽しくすること。社員の幸せを最優先して、社員の能力と意欲を高める手助けをする。これが会社に好循環を生む秘訣だと思っています。

私はイケイケなのに何かと未練を持つタイプ。会社のパートナーの城野は一見ほんわかしてるけど「これはできる!」「それは捨てる!」と言い切れる強さがあります。すごくいい組み合わせの2人だと思います。

やりがいは仕事をやり遂げて初めてわいてくる。やる前から、「つまらない仕事」と決めつけるのは間違い。やりがいは壁の向こうにある。

必要なのはイノベーションによるバリューアップ。同じ機械で10円の商品を100個つくるのではなく、100円の商品を10個つくる。コストダウンではなく、高くても欲しいと思う付加価値の高い仕事をする必要がある。

私は、社員に仕事を通じて自己表現する場を与えることを重視してきました。自己表現とは、自己が責任者となり、自分の考えで仕事を進めることです。新事業に熱中するのは自己表現のひとつです。

私は、部品と数量を羅列した見積書は出しません。建築家の先生が欲しいのは「自分の頭の中のイメージは本当に形になるのか」に対する答えだけですから。どうすれば依頼を実現できるのか。その技術的な方法を1ページか2ページの図で見せ、後は末尾にだいたいの値段を添えるだけ。必要な工程を充分に理解した上で提案するから、概算の予算もほとんど間違わない。そこで間違うっていうのは工程を分かっていないってことだから。

1997年に新工場を立ち上げるためにタイに赴任した経験が、私の原点となっています。ビジョンとしては、過去最高の金額を投じる大型プロジェクトでした。ところが、私はそれまで海外営業畑を歩んでおり、生産管理なんかやったこともない。仕事のやり方をイチから見直す必要に迫られました。

社内向けメールはとにかくコンパクトに、社外向けも失礼にならない範囲で極力簡潔に書くことを鉄則にしましょう。短いメールには短く返信すればいいので、多忙な相手からも返事をもらえる確率が上がるはずです。

「競合他社の商品・サービスを購入した人」は、「もう買ったから」とリストから外してしまう人も多いのですが、これまた大きな間違い。一度お金を使ったことで財布の紐が緩んでおり、今使っている商品に不満があれば、乗り換える可能性が高いからです。そういう意味では、前の商品を購入後半年~1年後にアプローチするのがベストです。

IT業界は技術力が大事。ただもっと大切なのは、顧客と対話するコミュニケーション力、問題解決力と提案能力。求められているニーズをくみとり、そのうえで自分の意見をしっかりと表現する。それが、顧客との信頼関係を深めていく。

ページの先頭へ