スティーブ・ジョブズの名言|いくら素晴らしいものをつくっても、伝えなければ、ないのと同じ

このエントリーをはてなブックマークに追加

いくら素晴らしいものをつくっても、伝えなければ、ないのと同じ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業というものは改革を続けていかなければなりません。

守れば守るほど弱くなり、競えば競うほど強くなる。物事はそういう原理なのです。

仕事はすべて順調に行くはずがないので、失敗することもある。そのときにどれだけ強く自分をコミットできるかで変わってくる。

現代のように環境の変化が激しい時代には、組織にもまた人にも、変わることを躊躇しない柔軟性が要求されます。当社の「明日は変えられる」というスローガンには、こういった意味も含まれています。

予想していなかったことなのですが、身長150cmや155cmといった小さなサイズのスーツがとてもよく売れています。小さいサイズというのはお直しして着ていただくことができないので、売りづらい商品なのです。当社でも、あまり多く扱ってきたわけではありませんでした。しかし、小さなサイズにおいても種類を豊富に揃え、ネクタイも通常より短めのものをつくったところ、「こういうのが欲しかったんだよ!」と、大変喜んでいただけました。こうした細かいことの積み重ねが、リピート率の高さにつながっていると確信しています。

技術者ではない私の役割は、世界に誇れる熟練の技を持つ社員たちが安心して働ける場を整備しつつ、彼らが思い切って挑戦できる環境を整えること。

本業が順調だからこそ、異業種の事業も展開できる。

ページの先頭へ