スティーブ・ジョブズの名言|いくら素晴らしいものをつくっても、伝えなければ、ないのと同じ

このエントリーをはてなブックマークに追加

いくら素晴らしいものをつくっても、伝えなければ、ないのと同じ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

学習時間は長い方が良いに決まっています。しかし5分はゼロよりもマシです。3時間勉強を数日して挫折するよりも、毎日5分を続けて、日々英語に触れる状況をつくることが後々大きな効果をもたらします。慣れるとさらに数時間、毎日続けることが出来るようになります。

日本の場合、チームプレイの根底にあるのは和を尊ぶ精神。つまり結果が良くても悪くても、みんなと同じように苦楽をともにすることが良しとされます。一方、グローバルファームで求められるのは、共通の目標を達成するためのチ-ムプレイです。もちろん仲が良ければそれに越したことはないのですが、共通の目標に向かって手を組めるなら、一人ひとりの価値観は異なっていてもいい。チームプレイと言っても、そこは日本と大きく違うところです。

何よりも経営者の話が一番面白い。それを聞くことができれば、数字もさらに面白くなります。大手IT企業などは経営者が登場する決算説明会の映像を自社ホームページで流しています。自社の数字について解説をするし、他社の話題が飛び出すこともある。

やはり「真面目にやる」の一言に尽きます。真面目にお客様の要望を聞き、働く人の要望も聞きます。そして、経営者としては社員の要望も聞いてひとつずつやってきました。

経営のグローバル化を進めるうえで、企業にとって大事な要諦のひとつは「遠心力と求心力」のバランスをいかに取るかです。遠心力とは、各国の市場に徹底的に入り込み、地域に密着したビジネスを強力に進める現地経営のことです。一方、求心力とは本社やトップの意向を踏まえつつ、全体最適の視点から現地のビジネスの方向性を軌道修正する経営管理を指します。

多くの人がものごとを長く続けられないのは、怠け者なのに、一方で完璧主義者だからですよ。1回休んだらもうダメなんて思う人が多いけれど、3回休んでも4回目にまた始めればいいって僕は思う。

私が社長に就任した年は、ビール市場においてキリンがアサヒさんに逆転されてしまった年です。そんな逆風下だったからこそ、ビール以外の分野を渡り歩いてきた私に、会社はゼロからの発想を期待したといえます。

ページの先頭へ