スティーブ・ジョブズの名言|いくら素晴らしいものをつくっても、伝えなければ、ないのと同じ

いくら素晴らしいものをつくっても、伝えなければ、ないのと同じ。

スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

統計データ上からも、若者の口臭対策用ガムの購入率が高くないことはわかっていた。なぜマーケットが発展しないのか。その理由を探るために、ガムの成分やパッケージだけでなく、そもそもガムとは何かというところまで立ち返る必要がありました。そうして考えを進めていけばいくほど、既存の商品の延長線上をたどることに限界を感じ、ゼロから新しいブランドを作ることを決めました。
【覚え書き|ロッテのガムのリニューアルに携わったときを振り返っての発言】

マネジメントといっても、目先の課題のマネジメントばかり考えていると、調整型のマネジメントになってしまいます。A案とB案があったら、どう折り合いをつけるかという発想になってしまいます。私が考えるマネジメントとは、調整型ではなく、提案型です。A案とB案があったら、それを凌駕するC案を提案していくのです。

自分流ばっかりだと、型にハマった考え方しかできなくなる。むしろ、優柔不断になって人に流され、「じゃあ、試してみるか」とフットワークの軽いほうが、新しい出会いに恵まれる。それが自分の中に新たな知識や経験を与えてくれて、仕事にも生きてくるんじゃないかな。

すぐにスピーチが上達したわけではありません。上手くいかない状態が続き、出口のないトンネルを走っているようでした。しかし、そうやって試行錯誤を繰り返すうちに、最初のうちは講演するのに三カ月も前から準備が必要でしたが、いまでは当日の準備だけでも、多少なりとも自分の思いを伝えられるようになりました。

何かを成し遂げたいというパワーだとかスピリッツ、そして少々のことではへこたれないエネルギーが体全体からみなぎっていること。リーダーにとって、そうしたことが大事な資質。

必ず行なっているのは、ミーティングの直後にレジュメを作り、相手に送ることです。自分のためはもちろん、相手へのリマインドにもなります。これは駅のベンチなどでやってしまいます。

高校を卒業した後はアメリカへ音楽遊学したのですが、帰国後、アメリカで購入してきたCDを友達に販売してみると、大好評だったのです。自分の好きなものを同じように好きだと感じる人達がいる。それがとても嬉しくて、1995年に輸入CDのカタログ通信販売を開始しました。それが創業のきっかけだったのです。

われわれはカルピスを買収しましたが、それはカルピスが乳性飲料の分野でダントツの企業だったからです。うちには乳性カテゴリーはなかったのですが、カルピスの買収で、ナンバー1ブランドとして市場に参入できるようになった。

経営トップが自ら出ていくだけでは人が育ちません。当然、権限委譲などいろいろなことによって処理していく必要があります。社長も「これをやっておけ」と悠長に構えていられる時代ではありません。

きっかけは経営ミスでした。新たに始めたレストラン事業に失敗して、「売り上げとほぼ同額の2億円」もの大赤字を計上。「自殺すると、保険金はいくら入るのか」と考えるまで追い詰められましたね。悩んだ末にたどり着いたのが、「会社の数字をしっかり把握する」ということでした。

学生時代に発展途上国を旅したこと、立ち上げた会社が倒産寸前になったこと。自分や他人の極限状況をたくさん目にして、「生きていれば何でもできる!」と思えるようになりました。

始末書の書き方がポイントです。うっかりミスである場合、つい言い訳を書き連ねたくなります。しかし、その気持ちを抑えて率直に反省と謝罪に徹します。まずは、きちんとお詫びの気持ちを書くこと。そのあとに何か弁解したい内容があれば書いてもよいですが、それで文書を終わらせてはいけません。それだと読後感が「言い訳ばかりで、反省をしていない」と取られかねません。ベストは、「お詫び→少し弁解→改めてお詫び」と会社に迷惑をかけたことに対する申し訳ない気持ちをサンドイッチ式にして締めくくることです。

意識と潜在意識は、正反対に働く関係性にあります。例えば、「ミスしないように集中しよう」と意識しすぎると、潜在意識で「焦ると失敗するぞ。きっと失敗する」と、ミスをする方向にスイッチが入る。そうなると、ミスが起きやすくなる。

ページの先頭へ