ヒラリー・クリントンの名言|もう家には帰れないのだと迷いが吹っ切れると、何とかうまくやってみようと思った

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェルズリーの大学生としてすぐに調子は出なかった。クラスに登録してみたら、背伸びしなければついていけないことがわかった。一カ月後、家にコレクトコールで電話をかけ、「ここでやってけるほど頭がよくないみたい」と訴えた。父は帰って来いといってくれたが、母は落ちこぼれになってほしくないと言った。こんな危なっかしいスタートだったが、もう家には帰れないのだと迷いが吹っ切れると、何とかうまくやってみようと思った。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

イノベーションは現状の延長上にはなく、基本的には既存の構造や仕組みの破壊から起こるもの。

後援してくれている方の一人に、「高校野球の監督である君は単に野球の指導者だけでなく、教育者でなければならない。自分を磨きなさい」と諭された。それまでは試合に勝つことばかり考えていましたから、練習についてこられず落後していく生徒を思いやることなどなかった。教育者ではなかったわけです。それで生徒と我慢強く会話し、その時々の状態や気持ちを常に把握するようにしました。この接し方の転換が実を結び、80年に夏の甲子園を初めて制覇しました。

人間いつ死ぬか分からない。時間を無駄にしていたら、やりたいと思っていたことを実現できない。

組織の一体感を出すための日常業務に対する会議に限れば、会議とは課題に対して議論し、組織としての方針や方向づけを決定し、参加者全員でコンセンサスを得るのが本来の姿です。目標をどこに置くのか、そのために起こりうる問題は何か、解決にはどのような方法があるかといった仕事の段取りをしっかり行うことが大事。

残業が多い人の手帳は、「乱雑なメモ」「何も書いていない」の両極端。

メールを開いたら、その場で処理するか、タスクとして手帳に書き記すか。どちらかを確実に実行していくことで、二度手間による時間の無駄が省けます。

店づくりで必要なのはいろんなことに興味を持つこと。映画を観たり、旅行していい景色を見たり、あるいは女性誌を読みまくるとか何でもいいんです。とにかくマニアになるくらい、いろんな経験をすると、それが店づくりに生きてくる。

ページの先頭へ