知識賢治の名言|社員が成長すれば、会社も成長する

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員が成長すれば、会社も成長する。それを支えるのが経営者の仕事。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人は世の中の出来事に興味や関心を持てば、何からでも誰からでも学ぶことができます。例えば、散歩や旅行をしていて目にする看板や広告、人々のファッションや持ち物などからも、新商品のヒントや流行の変化に気づかされることがあるものです。

交渉の場所として料亭など中立的な場所もありますが、私はお勧めしません。オーダーや食事という、交渉とは関係ない余計な雑事が割り込んできて、中断されるからです。時間も削られ、相手のペースに巻き込まれる危険性も大です。

雇用機会均等法が施行されて以降、男女のキャリアは結婚するまでは同じになった。でも結婚後の状況は20年前と変わりません。それを変えるべきだ、変えていこう。そう思ったのです。そこで既婚女性を中心とした人材派遣会社を立ち上げたのですが、業界を調べてみると、同じような派遣業を目指して挫折した「屍」が見つかった。実は、それほど難易度の高いビジネスというわけです。でも、だからこそ、命を賭して挑戦していこうと、改めて心に誓ったのです。

米海軍のリーダーシップについて書かれた本を読むと、リーダーに不可欠な能力のひとつに「ユーモアのセンス」があげられている。リーダーには場の雰囲気を和らげ、部下の心を落ち着かせるためのユーモアのセンスが必要。

読者は非常に厳しい。僕たち作家はひたむきに書き続けるしかない。

パズルを全部自分で完成させるのではなく、相手に最後のピースを入れさせる。そういう心遣いができる人ほどお客様に好かれ、また会って仕事がしたいなあと思ってもらえるはずです。

これから就職する若い世代が最も意識すべきことは、「自分に頼る生き方」であると思います。今後の日本社会が不透明であるなか、給料のよさや福利厚生などの「安定」を求めて会社を選ぶと、組織から放り出されたときのリスクが計り知れません。

ページの先頭へ