知識賢治の名言|継続した安定成長のために必要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

ともすると、短期的な成長を求めがちですが、継続した安定成長が重要です。そのためには、社員が自分で考えて行動し、スキルや人格が向上しなければならない。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

30代のうちは「技術を磨くこと」を最優先にすべきです。仕事の基礎がまだ固まっていない、どの専門分野に進むのかまだ決まっていないなら、思いつくあらゆる職種を体験しましょう。そうすれば自分が進むべきキャリアの方向性がわかります。

幸福とは決して親から譲ろうと思っても譲れるものでなく、またもらおうと思ってももらえるものでもない。幸福は各自、自分自身の努力と修養によって得られ、感じられるもので、ただ教育とか財産さえ与えてやればそれで達成できるものではない。

ある企業のCS推進室でロイヤルカスタマーの顧客データを調査したところ、その大半がかつてクレームを上げたことのあるお客様でした。その理由はクレームの際にしっかり対応しフォローできたことで、お客様から信頼を寄せられるようになったからです。つまり、クレーム客は経営を支えてくれる金の卵なのです。

話をするときに緊張してしまうのは、大きく分けて2つ原因があると思っています。ひとつは準備不足。もうひとつの原因は、場数が足りないことです。

逆境というのは見方を変えれば、自分を鍛え、経験値を高める絶好の機会だといえます。そう考えたら暗くなる必要なんてないでしょう。

不条理の中でも、与えられた場所で粛々と生きる。そんな人々を描きたい。

グループ内のシナジーを高めてコストの削減を図ることが持株会社化の最大の狙いです。事業持ち株会社では金融面などを一元管理で行う一方、新しい分野に挑戦します。

ページの先頭へ