知識賢治の名言|結局は人の成長が企業を支える

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業に変革を起こすのに必要なものは何かといったことを追求する中で悟ったのは、結局は人の成長が企業を支えるということです。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

リハビリの最中には何度となく「もうダメなんじゃないか」と思ったりしましたよ。そんなときに出会ったのが、ラジコンコースで遊んでいる人たちだったんです。「マサさん、一緒にやりましょうよ」と言われるまま、マシーンの作り方を教わっているうち、みんな、レースで勝っても1円にもならないのに、日夜、コンマ1秒のために必死に研究しているということがわかり、思ったんです。「オレは1億円プレイヤーだというのに、彼らがラジコンのことを語るほど野球のことを熱く理詰めで語ることができるだろうか? もっと野球のことを突き詰めて勉強しよう」と。

進もうとしている道は大変でも、逃げずに真正面から正直に向き合うという姿勢が大切。

マネジメント層は、日中、いろいろな予定が詰まっています。そこで、早朝を飛び込み歓迎のフリータイムにして、誰でも自由にミーティングできるようにしました。昼間は私がつかまらなくても、早朝なら確実に会えますから。

(岡田屋をジャスコに改名したとき)岡田屋の良き伝統は残しました。「大黒柱に車をつけろ(いつでも変化できるように予め準備しろという意味)」という家訓はその一つであり、まさに世の中の変化に対応するためには自らが変わらなければならないことを明確にしています。

最終的には自分を信用してもらえるかどうかで、すべてが決まる。

同僚とのコミュニケーションは大切です。大事なのが雑談。黙々と働く環境よりも、仲間と雑談しながら働く職場環境のほうが、創造性が高まり、生産性はアップします。

ビジネスにしても、すべて一期一会である。自社の社員であっても、年に一回しか会わない人もいる。その大切な機会には、やはり意味のある仕事をしたいと思う。

ページの先頭へ