知識賢治の名言|基本に徹する

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本を徹底して、仮説と検証を繰り返す。誰が何をどのレベルまで、いつまでに実行するのか、細かく決めて実行してもらう。正しい戦略を基本に忠実に進めて、成果を積み重ねることが必要。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司は部下の仕事を正確に把握していないことが意外と多く、上司が思うよりも負荷が大きかったり複雑だったりします。割り振る仕事の内容を把握し、どの程度の負荷がかかるのか、部下に説明する必要があります。そして、部下の能力と負荷の関係から適正な期限を設定するのです。

まず、社員からもスタッフからも愛される企業にならないといけない。そうなって初めて全社一丸となった経営ができるし、お客様にも愛される企業になれるのだと信じています。

一流企業に就職すれば不安はなくなるかといえば、そんなことはありません。生きている限り90%は不安です。生活の安定のために芸術を諦めて就職した子は、自分に嘘をつき続けることになります。それこそ何よりも不安な毎日に違いありません。

仕事が多すぎてやる気が出ない人にお勧めなのは「今日やらないことリスト」。結局、優先順位をつけることができないから、ものすごい忙しさに追われてしまう。むしろ、これは今日やらなくてもいいだろうという案件からハッキリさせていくと心がラクになります。

日本は既存のものを守ろうとするので、ラディカルには変わらない。たとえばアメリカにおいて、CDの販売は、ずっと販売店経由でした。でも、デジタルの時代になって一気にCDが消えて、音楽をネット経由のデータで買うようになった。一方、日本はCDの流通の仕組みを守りながらデジタル時代に対応しようとする。だから、CDの売上は落ちているものの、減り方が緩やかで、ここ数年、アメリカを抜いてCDの売上が世界一位になっちゃった。おそらく新聞も同じです。宅配する販売店を守りながらやろうとしているので、緩やかにしか電子化していかないと思います。

社員には無駄はさせないが無理をさせてはいけません。

唯々諾々となってはいけないと思うんですよ。弱い立場にいても誇りを持って、言うべきことは言うべき。いい上司なら、きっと応えてくれる。

ページの先頭へ