ヒラリー・クリントンの名言|何かを固く信じたら、それを守る気構えを持っていなければいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

何かを固く信じたら、それを守る気構えを持っていなければいけない。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

これまでどおり自分以外の働きに期待し続け、誰かが動けば問題は解決すると考えている限り、私たちは自分たちの目的を達成してその成果を手にすることはできない。

昔は出張から帰ってくると机の上に稟議書が山積みで、それを決裁するのがひと仕事でした。デジタルで管理するようになってからは、どこでもタブレットなどで確認できます。関係者全員がいつでも見られてすぐ決裁できますから、誰かのところでストップする心配も無用。過去の稟議書も同じ画面に呼び出せるので、報告書としても役立ちます。いつ、何についてどんな決裁を行なったかを手元で確認できるわけです。セキュリティさえ万全にしておけば、これほど便利なものはありません。

ティーチングとコーチングは決定的に違います。ティーチングでは端的に答えを伝えます。経験者が初心者に対して、より効率的な方法を教えるわけです。一方、コーチングは答えは示しません。相手に質問を投げかけ、考えさせ、話を聞く。一緒に考えることで相手の行動変容をサポートするのです。

私の育った町は特殊な土地柄で、宗像神社という有名な神社があった。私はその御神徳を受けたと考えている。私はいま神社の復興をやっているが、神というものをいまの人はバカにしている。私どもにはバカにできない事実がたくさんある。私の会社は災害を一度も被っていない。理屈はいろいろつくかもしれないが、社員は神の御加護と信じているのだからしょうがない。また信じないわけにはいかないだろう。

アンケートやユーザーヒアリングは、そう聞かれたらこう答えるだろうという、予定調和の部分があったりするので、現実とは違うことが多々ある。それだけに、鵜呑みにしない方がいい。

独立し果たしてうまくいくか、不安は付き物でしょう。しかし「最初は楽観的に、開業直前は悲観的に」考えてください。最初から「このアイデアは斬新で誰もやっていないけれど、ニーズがないからではないか?」などと悲観して一般的なアイデアで始めると売れない、ということがよく起こります。最初は少し広げて構え、機会は逃さないようにしたいものです。

当社の50年の歴史とその間積み重ねた技術が、現在のシェアにつながっている。

ページの先頭へ