ヒラリー・クリントンの名言|人が自分と意見が違うからといって、相手が悪いわけではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

人が自分と意見が違うからといって、相手が悪いわけではない。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

第2子の出産も機にJAXAを退職しました。日本人の宇宙飛行士でJAXAを離れたのは私が初めて。いろいろな選択肢がありましたが、立場をはっきりさせたほうができることもあると考えました。

円高が企業収益に影響を与えるのは間違いありません。でも、それが本質的な企業価値にどう影響しているのかをきちんと見なければなりません。円ベースでは価値が下がっていても、実際にビジネスを展開している現地通貨ベースで伸びているかもしれませんから。

笑顔が素敵な人を思い浮かべてください。その人をあなたは好きですか。おそらく、嫌いという人はほとんどいないと思います。

私は一生の間に人が自分というものをつくっていくうえで一番大きな影響を与えるのは「生まれつき」だろうと思っています。しかし、自分の育った環境や、人に接してその人から受ける教訓もまた大きな力を持っています。向こうは教えるつもりはなくても、こちらが何かを感ずる場合がかなりあります。教えを受けた方々をことあるごとに思い出して非常に感謝しています。

ゴールから逆算していくやり方は、経営コンサルタント時代にかなり鍛えられました。コンサルティングの仕事は、「大きなビジョンを描き、それに近づけるために、どのようにギャップを埋めていくか」が基本です。つらくて泣きながら仕事をしたこともありますが、いま思うと、そのおかげで身についたものは大きかったですね。
【覚書き|外資系コンサルティング会社アンダーセン・コンサルティング勤務時代を振り返っての発言】

私は会社を、「社会に対して最も効率的に経済価値を提供するための仕組み」だと捉えています。すべてのベースにあるのは社会であり、会社は社会という土台の上に乗るサブシステムにすぎません。それは、資本主義や資本市場についても同様です。

グループの従業員は1500人、製造に関わる人を含めれば1万人。常にコミュニケーションを取らねば、トップと現場にギャップができてしまいます。

ページの先頭へ