ヒラリー・クリントンの名言|完全否定に傷ついた私は、どんな差別であれ、差別にさらされている人にはより共感を持って接するようになった

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ航空宇宙局(NASA)に宇宙飛行士の訓練に応募したいと手紙を書いた。だが、返事は「女は受け入れない」というものだった。生まれて初めて、勤勉と決意をもってしても克服できない障害があるとわかった。もちろん、私の視力と並みの身体能力では、性差をうんぬんするまえに、どのみち駄目だったろう。それにしても、完全否定に傷ついた私は、どんな差別であれ、差別にさらされている人にはより共感を持って接するようになった。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ