ヒラリー・クリントンの名言|一つ屋根の下でも意見が分かれていい

このエントリーをはてなブックマークに追加

わが家のキッチンテーブルを囲んだ話し合いは活発で、ときには喧嘩腰になったけれど、私は一つ屋根の下でも意見が分かれていいのだということを学んだ。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

単純に外との競争に晒されるのが嫌だと言って守っているものは、思い切って外との競争に晒すべきです。そこで生き延びることができるかどうかを、その企業、事業に判断させればいいのです。その企業がきちんとした経営をしていなかったり、競争力の出ない仕事の仕方をしていたら負けるのは当然だという形で、ドライに割り切るしかありません。

利益を2倍にしようと思ったら、2倍の努力では足りない。2乗倍の4倍の努力が必要。利益を3倍にしようと思ったら、9倍頑張らないと。

同じ組織内の年齢差5歳以内は、潜在的ライバル意識が強く、小さなことが嫉妬の対象になりうる。人事の局面でも必ず邪魔者になってくるのは間違いない。愛想笑いは当然する必要があるにしても、机の下では蹴飛ばし合いをする覚悟が重要だ。自分にそのつもりはなくても、相手にとってみたら抹殺対象だったというのはよくあることなのだ。逆に5歳程度以上離れた先輩、後輩は努めて自分の味方にしなくてはいけない。先輩であれば自分を真っ先に引き上げてくれるかもしれない。後輩であれば退職後の再就職の世話をしてくれるのは実はこの世代なのだから、くれぐれも大事にしたいところだ。

要領の良い人は、並のものしか出来ません。優越感を持った人は、他人のアドバイスも聞き流してしまいます。

食べるときは雰囲気が必要です。包丁の音がして、鍋を振っている料理人が目の前にいて、美味しそうなにおいが漂ってくるから食欲がわきます。だから、うちではオープンキッチンにしています。

「理想的な睡眠時間は何時間だと思いますか」と聞くと、ほとんどの方が8時間と答えます。でもこれにはまったく根拠がないのです。十分な睡眠をとっているかどうかは、時間の長短ではなく、昼間の眠気や倦怠感のあるなしで判断すべきです。

知識はあなたを仕事から解放する。なぜなら、お金をあなたのために働かせる方法を学ぶことが出来るからだ。

ページの先頭へ