ヒラリー・クリントンの名言|両親・祖父母は私にアメリカの未来を与えてくれ、それで私の人生は選択が可能になった

このエントリーをはてなブックマークに追加

私のような人生は、私の母や祖母たちには歩めなかった。父と祖父たちには想像もできなかった。でも、彼らは私にアメリカの未来を与えてくれ、それで私の人生は選択が可能になった。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現代の社会は、人々が結びついて、協力しあうことで仕事が進んでいく。以前からそうであったが、特に、インターネットの発達によって、その傾向が強くなった。このような時代に必要とされる人材は、特定の能力に長けていることはもちろんだが、むしろ、人と人とを結びつけることができる人だろう。

相手の立場に立ってみたら、怒られるのが好きですか? 甘やかして褒めてばかりではちゃんと育たないと言いますが、それは子供の話。皆さん大人だから大丈夫です。

ビジネスや経営に知識は必要である。だが同時に、知識だけでは判断しえない社会の状況が数多くある。

売上とは「顧客数×単価×リーピート率」という掛け算で表すことができます。つまり、本来の営業の目的とは、いま買うことに決めているお客に、なるべく高い金額で買ってもらい、いかにリピーターになってもらうかにあります。

私がユニクロのマネージャーだった当時は、女性管理職は気が強い人というイメージがあり、一人で役員に提案をしに行くと身構えられてしまって話が進まないことがよくありました。そこで、上層部から人望が厚い男性マネージャーに同行してもらうことにしました。予想通り、私よりもその男性から言ってもらった方が話がすんなり通りました。

議論で大切なのは、「誰が言ったかではなく、何を言ったか」です。もしも私がおかしなことを言っていると思えば、その時点で遠慮なく「社長は間違っている」と言わなくてはいけない。それが社員の責任です。

頭取就任以来、全国の店舗を回り、そこで若手社員たちと車座になって意見交換をしています。最初は、支店長が変に気を使っていたようです。無難な質問や意見しか出てきませんでした。現場は本部に何を言っても変わらないと思っていたのです。「これじゃあ意味がないんだよ」と自分の思いを伝えたところ、本音が出始めました。

ページの先頭へ