ヒラリー・クリントンの名言|私をどんな鋳型にもはめようとしなかった両親がいて、本当に運がよかった

このエントリーをはてなブックマークに追加

私をどんな鋳型にもはめようとしなかった両親がいて、本当に運がよかった。二人はただ、抜きんでるように、楽しくやるようにと励ましてくれたのだから。


ヒラリー・クリントン の経歴

ヒラリー・ローダム・クリントン。アメリカの政治家、弁護士。イリノイ州シカゴ出身。ウェルズリー大学卒業、イェール・ロー・スクール卒業。学生時代から政治に興味を持ち、共和党・民主党の党員として活動。イェール・ロー・スクールでビル・クリントンと出会い、のちに結婚。上院議員、国務長官などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

問題解決のために、アナログとデジタルの両方を考えなければなりませんが、それらは完全に別のものではありません。アナログで解決できない問題の時に、デジタルを使います。だから、二つの道具があるのです。

私がやることを否定するくらい、革新的なアイデアを持ってきてくれる部下の方が有り難い。

都合のいい人を続けていると、打ち合わせや会議などで自分で仕切ることができなくなり、仕事でも判断を避けるようになります。主体性が欠如して「どうせこんなもんだ」と何事にも期待をしなくなるでしょう。以上のことから、仕事の仕方の選択肢が狭まります。また、都合のいい人でいることの無理は、心身に様々な異変を引き起こします。

まずはもう一度、組織の中での武器ではなく、一人の人間として天寿を全うする上で自分の武器は何だろうかと見つめ直すこと。現実を直視して、積み重ねてきた経験の中で何をプライドとして持って生きればいいのかを見つけ出すこと。

立ち上げようと決めた時はまだ27歳で、周りからもいろいろ言われたりしましたが、基本的には自己キャッシュで、金融機関の借り入れもせずにほぼやってこれましたんで、思い切って会社を立ち上げて良かったと思います。

私どもの今年度の活動のキーワードは「Re・元気(元気回復)」です。人とのつながり(Relation)、信頼できる確かなもの(Reality)、リフレッシュ(Refresh)、といったいまお客様がお酒に求めている価値観をご提案することで元気回復に貢献していきたいと思います。

社長に就任して再建のためにやったことは「原点回帰」です。財務体質を改善するために、まず不良資産を処分し、30店くらいあった不振店も2年間で全部閉鎖しました。中国料理以外の業態への出店も、本業に専念するために廃止。いらないものを捨ててから手をつけたのが、本来の土俵、つまり自分たちの強みや持ち味は何かをよく考えて、それを強化することでした。

ページの先頭へ