ドナルド・トランプの名言|権力は最大限の思いやりをもって使われたとき、最もその良さを発揮する

このエントリーをはてなブックマークに追加

権力は最大限の思いやりをもって使われたとき、最もその良さを発揮する。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

信頼されると、ビジネスも自ずと舞い込んでくる。あの人と一緒に仕事をしたいと思われなさい。

スケジュールを立てるときの基本として、よく言われるのが、「目標から逆算し、日々のスケジュールに落とし込んでいく」こと。目標から逆算するのは私も賛成ですが、一つ異なることがあります。それは、「細かく逆算しないこと」。なぜなら、細かく立てたところで、すぐに予定が狂うからです。

現代社会の中で長期の予測は難しく、上辺だけの大きな目標を立てても社員はついてこない。

悩んだり、迷ったりする過程の中でも、結果的に、譲れないもの失いたくないものがあった。

作業にかかる時間に関する限り人間の能力にはさして違いがないことが科学的に証明されている。差が生まれるのは間違ったことをやるからです。仕事が早い人は無駄なことをしていないだけで、作業自体のスピードが早いわけではない。

どうしたら競争に勝てるか? 先を見ることですよ。

少し先を見越しながら同時並行で仕事を進めていくには、仕事を静止画ではなく動画で捉えてみると効果的です。企画書作成を例にすると、フォーマット作成という作業だけを静止画のように切り取るのではなくて、「フォーマットを作成したら上司への確認が必要だな」「上司に確認してもらうには、上司のスケジュールも把握しておいたほうがいいな」のように一連の流れで考えるのです。このように動画でとらえることで、相手の都合などで作業が中断したり滞りそうなボトルネックがみえてくるので、そのタイムラグを見越した段取りを組めるようになるはずです。

話しかけやすい上司には部下の報告回数が増え、いろいろな情報が集まるので、先手を打って対処がしやすくなり、仕事が早く終わるようになる。

当社の餃子は47年間続いてきた中で小さなイノベーションを起していきながら商品改良を重ねてきました。その結果が、いまでも店舗数が増えているという実績だと思うのです。

文章を豊かにするボキャブラリーは書き言葉から得るしかありません。話し言葉は刹那的なものです。会話を盛り上げることが得意な人でも、文章になると上手く表現できなくなるのはそのためです。基本になるのは読書です。自分の価値観や問題意識に合う本を見つけたら、その著者の本を立て続けに読む。読むのは、小説や評論に限らず、ビジネス書でも新書でもいいと思います。特定の著者の本をひたすら読むことで、その著者のボキャブラリーが自分のものになります。

ページの先頭へ