ドナルド・トランプの名言|屈することも諦めることも拒む

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はひたすら歯を食いしばることで大きな挫折を何度も乗り越えた。屈することも諦めることも拒んだ。目的を曲げずにいれば、大きな成果が得られる。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ホンダは役員も一般の従業員と一緒の食堂で昼食を食べることになっているのですが、ホンダの工場でライスカレーを食べたら肉が入ってなかった、と言ってくれた人がいた。あんなものを食わされていたら、みんな働く気がなくなるんじゃないかと親切に言ってくれた。食事の不満は何かの形で爆発するものです。たとえば、旧制高校の賄(まかな)い征伐とか、軍隊でのそれです。では、不満の内容にするにはどうすればいいか。それには、労働組合と会社側とが一体になって運営すればいいのではなかろうかと思った。

大手の経営陣がアイデアの良さを判断して投資できるはずがない。

英語が使えないという日本人の最大の問題点は、英語が上手か下手かということではなく、相手とコミュニケーションを取ろうとする「姿勢」を示せていないことでしょう。

ITの登場によって、会社に所属しなくても分業ができるようになりました。無料のブログサービスやグーグルのような無料のクラウドサービス、あるいはアマゾンのようなマーケットサイトなど、これまで会社に集まって分業していたようなことを、個人がアウトソース(委託)出来るようになってきたんです。これまでは大きな仕事をするためには、会社に入らなければいけなかったのが、だんだんと、いわゆる自営業でも外部サービスを使えば収益を獲得できるという、新しい可能性が出てきています。

どんな仕事であれ、出会いはあります。職場内でも取引先でも、人とのかかわりは日常的にあるはずです。あなたはその出会いをどうせ仕事の上だけの関係だからと、右から左へ流していませんか?ひとつひとつのご縁を大切にしていけば、仲間づくりは難しくありません。

経営者に独善の芽が大いに出てしまったら手遅れにもなりかねない。社外取締役に必要なのは、錬磨された常識だ。経営陣との緊張関係と協調、その両立の道を探るべきだ。

禅の世界では、座禅を組むことと一生懸命に仕事をすることは同じです。妄想雑念を振り払い、ひとつのことに打ち込み、働く。その中でこそ、人格、魂が磨かれると教えているのです。生涯を農村復興に捧げた二宮尊徳があそこまで人格を高められたのも、なるほどそのためだったのかと。

ページの先頭へ