ドナルド・トランプの名言|ありきたりの正直さが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

私くらい長くやっていると、ありきたりの正直さがいかに貴重かがわかる。ビジネスマンとして、どんな局面も切り抜けられる強みとなる。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社長が常に挑戦的な目標を掲げ、それを実現するために部下が必死になって付いていくのが理想。

普段から「早起きキャラ」を周りにアピールしておくことも意外と効果的です。私の場合、周囲も朝4時起きだということをよく知っているので、飲み会などで夜遅くなりそうになると、「早く帰らなくて大丈夫なの?」と周囲が心配してくれるんです。

父が高校バレーボールの監督をしていた関係で、選手の皆さんが大変な努力をしながら勝利をつかむ姿を間近に見てきました。この体験が「努力なしに成功なし」という思いを育てたのでしょう。

「体力」と「気力」。この2つは経営者にとって必要な要素。

80年代からオフィスのOA化が進み、今後ペーパーレス時代が来るのではという危機感から電子文具の開発に着手。88年にテープ印字機の「テプラ」を発売した。当時専務だった私が開発責任者で、「電子文具なんてやる必要ない」と言う長老たちの猛反対を押し切って出し、大ヒットに。これが会社のターニングポイントになった。

物体は激しく動けば、それだけ摩擦が大きくなる。人間だって、激しく動くと熱を持つのだ。はたから見れば、輝いている人間のことが、きっと羨ましく見えるのだろう。だけど、輝いている本人は熱くてたまらない。星だって、何千光年という遠くの地球から見れば、美しく輝く存在だ。「いいなあ、あの星みたいに輝きたい」人はそう言うかもしれないけれど、その星はたまったもんじゃない。何億度という熱で燃えている。しかも、燃え尽きるまで、そうやって輝いていなくちゃいけない。これは真面目に、結構辛いことなのだ。

時を短くするもの―――それは活動。
時を耐えがたく長くするもの―――それは怠惰。

ページの先頭へ