ドナルド・トランプの名言|成功への道を開く絶好の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

成功への道を開く絶好の方法は努力と勤勉さ、そして上手くいかないことより上手くいっていることに目を向けることに尽きる。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

80年代、似た内容で超人気番組となっていた「なるほど!ザ・ワールド(フジテレビ)」は、爆発的な人気を得たあと、視聴率が落ちてきたときにコンセプトを変えてしまい、幕を閉じてしまったように見えました。こういうことがテレビ番組には多いのです。「世界・ふしぎ発見!」は、視聴率が下がった時期もありましたが、最初のコンセプトは決して変えずにやってきました。

アイデアを出すと人間って楽しくなってくるんですよ。何かイケそうな感じがしてくる(笑 )なので、そういう人を増やしたいですね。

無責任とは良心の欠如ではなく、自らの判断を変えないことに固執することである。

最も理想的な仕事の進め方は、安定した気持ちで、一定の仕事量をこなすこと。これが結果的に、仕事のパフォーマンスを上げることにつながる。

私と堤が荒海の北洋に乗り出したのは、ポーツマス条約による我が国家権益の開発にあった。事業をやるからには利益を求めるのは当然であるが、資本家的な欲望からではなかった。もし我々が小さい自我自欲にのみとらわれていたら、ロシア側に押されて一人ずつ落伍したかもしれない。

自分を客観的に見られるようになったきっかけは、17歳から始めたサッカーノートです。試合の感想や練習の取り組みを書いて、メンタルコーチとやりとりする目的で始めました。それから、現在までサッカーについて考えたことを書く習慣が出来ました。文章にすると課題に自分で気づくんです。

安さは最大のサービス。

ページの先頭へ