ドナルド・トランプの名言|人生と仕事の大部分は役者稼業

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生と仕事の大部分はすなわち役者稼業である。どんな分野にいようと、人生そのものがパフォーマンス・アートなのだ。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

支援活動を通じて一番学んだことは、私たちはすごく裕福な生活をしているということです。ただ、それが精神的な幸福とは結び付かないのではないかと感じています。欲を捨てないと、本当の意味での生きる理由が見つけられないのではないかと考えるようになりました。

関係者の助言をすべてを改善すると約束してはいけない。あらゆることを変えるのは難しいからだ。リーダーになることは人気取りのコンテストではない。改善に取り組む事柄をひとつかふたつに絞り込むことがポイントである。

ロボットというと、日頃の家事や雑用の代行から社会問題の解決まで、人間の面倒を押しつけようとしがちですが、そういった安直な発想から脱し、遊び心ある創造的発想で見守っていただきたいものです。

これまでラグビー人気が低迷していたのは、スポーツとしての魅力が低いせいではありません。結果を出せなかったことが原因だと思っています。

まったく意見の異なる人と激しい議論をする際、お互いに頭に血が上ってしまうと、議論は平行線をたどるばかりです。半分は熱くなりながらも、半分は冷静になり、「そもそもこの人は、なぜこんなに怒っているのだろうか」「ここまで強硬に反対するのは、なぜだろうか」といったことに好奇心を持ってみる。すると、冷静かつ客観的な視点で眺めることができ、議論を優位に運ぶことができる。

人を最終的に動かすのは熱意だと思います。

脚本は基本的に論理じゃなくて趣味・嗜好の押しつけです。自分の好み、自分の好きなことは理屈じゃなくて、迷わず脚本の中に入れてください。ここが多分個性になると思います。自分の好みを入れないと、コンピュータが書いたものと変わらなくなってしまう。

ページの先頭へ