ドナルド・トランプの名言|開始、実行、完了、撤収

このエントリーをはてなブックマークに追加

私には仕事をするとき、父直伝の四段階の方程式がある。おかげで経済的に助かっている。開始、実行、完了、撤収だ。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は、自分が置かれているステージによって、立ち居ふるまいを変えています。東京進出当初、わが社は台東区にありました。私はポロシャツを着て軽自動車に乗っていましたが、当時、社員はなかなか話を聞いてくれませんでした。全員が同じフロアに座り、社員に伝えたいことがあれば、私から社員に歩みよっていきました。でも会社が成長する過程で意図的に社長室をつくり、社員を呼んで話すようにしました。すると、みんな真剣に聞くんです。話していることは同じなのに、ステージに合わせた話し方をするだけで、成果はまったく違うことが分かりました。

テクノロジーの世界では自らが破壊者になるか、あるいは破壊されるのか、そのどちらかしかない。

「この失敗は、私が成功(目標)に近づいているサインなのだ!」と考えましょう。それが、失敗や挫折に対処する「最初の一歩」です。

私はよく人の成長をマラソンにたとえます。「走れ!」と怒鳴られた人は、100メートルや200メートルなら走れるでしょう。でも、マラソンは無理です。マラソンを完走するためには、「走りたい」という自発的なマインドが必要です。部下の成長は一週間や二週間で達成できるものではありません。叱責に頼るばかりでは、部下を育て、組織のパフォーマンスを高めることはできないでしょう。

アサヒビールの東北統括本部を視察したとき、8つのグループ会社がひとつのフロアにあって、「これはいい!」と本部長を褒めたことがあります。アサヒビールの営業、経理、総務だけでなく、グループ会社もついたてで仕切っただけで同居しています。まさに垣根がないのです。

自分の知らないことをノートに書いて勉強するようになったのは、自分の知識不足を痛感したから。毎日の経済状況を書き留めるのは当たり前。経営者の方へのインタビューが決まったら、会社の決算はもちろん、相手の方の最近の発言や趣味なども調べます。

ヨーロッパで成功している「無印良品」さんの成功理由を考えた時、思うのは、企業のDNAや企業姿勢をきちんと消費者にコミュニケートできているのだと思います。我々のDNAは何で、どんなことをメッセージとして発信していくべきかという「ブランドビジョン」をあらためてブラッシュアップしなければならない時期にきていると思います。米国に進出し成功を収めるには、そこまで準備を整えることが必要です。

ページの先頭へ