ドナルド・トランプの名言|ハードに働くのが好きな人間の元には、同じ倫理観の人間が集まってくる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードに働くのが好きな人間の元には、同じ倫理観の人間が集まってくる。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

かつては稼ぎ頭だった店も、周辺の環境が変われば売り上げは落ちてきます。例えば、近隣に大型のショッピングセンターができると、住民の行動範囲が変わり、客足に影響してきます。

現場の社員や取引先と接することで痛感したのは、同じ考えや価値観を共有して、仕事をしていかなければ駄目だということだ。たしかに新商品、低価格といった戦術もあるが、一発逆転のウルトラCの効果は期待できない。まず私自ら負けを認めて、原点から出直すべきだと考えた。

起業家は、会社勤めをするほうが収入が多くても起業します。それは、お金持ちになることが目的ではなく、やりたい仕事があって起業するからです。

介護業界は、大きな市場シェアを占める企業が存在せず、多くの中小企業で成り立っている業界です。日本の介護は業界リーダーを必要としています。業界リーダーとして相応しい規模を早期に築くとともに、リーダーとして相応しい行動がとれる会社になりたい。

当社の商品の比較対象になるのは洋服だけではなく、例えば携帯電話だったりするわけで、旧態依然として、競争相手は小売業や繊維産業だという狭い範囲に捉われていてはいけない。

世間一般では、一流大学を出た人がエリートとしてもてはやされていますが、私は全くそういうものに価値を認めません。いい習慣をどれだけもっているか、それが私の一つの価値基準です。

文化や習慣の違いを理解しないと、円滑なコミュニケーションや良好な人間関係は築けない。

ページの先頭へ