ドナルド・トランプの名言|毎日自分の力の及ぶかぎりベストを尽くす

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事における私の目的は、毎日自分の力の及ぶかぎりベストを尽くすことだとわきまえている。それが私の掲げるスタンダードである。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ポストイットは1日100枚は使うし、ケータイカメラは何十枚撮っているか自分でも把握していません。チャンスは一瞬で過ぎ去るから情報を記録することは躊躇しないことです。

マーケティング活動とは、ひと言で言えば「見込み客を集めること」だと私は考えています。多くの見込み客を見つけ出せれば、ほとんどのビジネスはうまくいく。

他人をタイプ分けしている人は、相手をよく見ていないことが多い。親に「あなたは○○な子だから」と決めつけられて嫌な思いをした経験はありませんか? こうした決めつけはよくありません。

「楽しませたい」「ワクワクしてもらいたい」という気持ちの容量が少ないと、仕事は広がっていかないと思います。結局、どんな分野でも勝ち残っている人はそこが違うのではないでしょうか。

「やる」と決めたら、ゴールまでたどり着く道筋を模索し、走り抜けるだけです。

商品を販売するうえで、誰しも「こういう商品を売りたい」とか「ビジネスはこうあるべき」という理念やこだわりを持っているでしょう。ただ、それは哲学であって結論ではありません。哲学は自分で決めるものですが、結論はお客さんが決めます。この違いが判らず、自分の哲学こそ結論だと勘違いしてしまうと、お客さんから見放されてしまいます。

病院向け医薬品は扱わず得意分野に集中する戦略は、それはそれで有効ではあったのですが、いかんせん企業規模が大きくならない。ロートとパンシロンだけでは会社も変わり映えしないし、社員も刺激がありません。そこで経営の柱を増やそうと、父が、米メンソレータムの皮膚用薬のライセンス販売を1975年に始め、88年には同社を買収しました。これがスキンケア関連に進出した第一歩です。

ページの先頭へ