ドナルド・トランプの名言|忍耐は成功の要素のひとつ

このエントリーをはてなブックマークに追加

科学者が発見に至るまでに何年間努力を続けるか見てみるといい。そうすれば忍耐が成功の要素のひとつであることがわかるだろう。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

女性の方の多くは、女性であることをハンディキャップに捉え、自分の言い訳の材料に使ってしまっているんですよね。ただ私の私の経験上、女性であることは何もハンディキャップになりませんでした。

どんなに声高に地方の活性を叫んだところで、事業性が担保されなければビジネスは成立しません。儲からなければ、お金がなければ続かない。それを寄付ではなく、投資という形で実践するからこそ、持続性のあるビジネスは生み出せる。

人は誰しも、己の潜在能力を最大限発揮したいと願っているものです。また、「自分」というものを超えた大きな目標に向かい、世の中の役に立つ生き方をしたいと望んでいるものです。そしてそれを、志を同じくする仲間たちと力を合わせて成し遂げたいと思っています。ならば、そういった、人間が持っている究極的な願望を支え、その達成を助ける企業をつくることによって、個人の幸せと組織の繁栄を両立させ、豊かな社会をつくることができるというのが、コア・バリュー経営の考え方です。

「人はいつか必ず死ぬ」「人生は一度きり」という二大真理を頭に叩き込んでおく。すると、惜陰(時間を惜しむ)という気持ちが自然と湧いてくるようになる。そうすれば、状況がどうであろうと、いまここで全力投球する以外ないという心構えに自然となってくる。

フォルクスワーゲンはバリューチェーンの価値を高め、人材を育成し、適切な商品を導入し、それを積極的に宣伝するという4つの方策をその国の文化やお客様のレベルにアレンジしながら推進していった結果として、販売台数が増加しているのです。

ただただ目の前の課題をこなすだけのゲームでも、点数化することによって、楽しさが増します。仕事も同じです。仕事の進捗状況を全員で共有できるようにエクセルでグラフ化するだけでも、モチベーションアップの効果があります。

大学は出ておいた方がいいと思うかもしれない。大学に行けば、企業に就職した場合に高卒より給料を多くもらえるかもしれないが、起業家の資質が育まれるわけではない。よく考えてほしい。現実社会では、学歴の低い起業家のもとで、学位を二つも三つも持っている人間が大勢働いているではないか。大学は資産家を養成する場所ではない。大学に行かない方がいいなどと言うつもりはない。大学で何が得られ、何が得られないかを承知したうえで行くのなら構わない。

ページの先頭へ