ドナルド・トランプの名言|何かを語るとき自分のやり方がすべてだと思ってはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

何かを語るとき自分のやり方がすべてだと思ってはいけない。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今の政治に決定権のない次の世代に勝手にツケを回すなんて、そもそも許されていいはずがない。

何か問題が起きたらそれを小さく切り刻め。難しそうでも、小さく切り刻んで対処していけば、問題解決の糸口は見つかる。

俺も最初、「痛くない注射針」の話を聞いたときは、正直、「これは無理だ」と思った。それで、専門の学者に相談したら、「物理的に不可能だ」というじゃないか。ところが、逆にこれで俺のやる気に火がついた。だってそうだろ。最高学府の学者が理屈でできないといっているものを、尋常高等小学校中退の俺がやっつけたら、こんなに痛快な話はない。そう思って引き受けたんだけど、これが簡単じゃなかった。何百回と試行錯誤を繰り返し、結局量産化に成功するまでに4年半かかったよ。

生き残る企業はいても、勝ち残れる企業というのはごくわずか。倒産はしないが、何とか生き残る企業はたくさんある。勝ち残るというのは、毎年成長して利益も増やしている企業。それは変化やリスクに強い会社。

ほとんどの人が誘惑や妥協に負けます。いわばその「人間らしい部分」を超えられる人が、勝ち続けられる。

日本はあまりにも平穏で豊かになりました。親御さんも優しいので、子どもは働かなくても生きられます。でも本当は逆境に陥れて、そこから自力ではい上がらせる、そういう状況にしなきゃいけない。皆を奮い立たせるには、逆境に追い込まないといけないと思います。

マネジメントがよければ、企業や集団は戦略を決定するまでの手順をうまく組み合わせることができる。マネジメントの持つ最も根本的な役割は、変化というものにただ押し流されるのではなく、頭脳的にそれに立ち向かっていくことである。

ページの先頭へ