ドナルド・トランプの名言|ネガティブに対してポジティブを圧倒的多数にしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

何ものにもあなたの行く手を邪魔させてはいけない。まずは両方を秤にかけてから、ネガティブに対してポジティブを圧倒的多数にしよう。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

理念がなくても、短期的中期的には大きな利益をあげることができるかもしれない。けれど正しい理念がなければ、長期的な繁栄は絶対に望めないのだ。

なんの宗教も持たないよりは、たとえいかさまでも宗教を持っているほうがはるかにいい。

野球場においては、プライドを持ってその場に立つということは変わりません。これまでと何も変わらずに、ただユニフォームが変わっているだけ。信念を持ったことは、向こうのスタイルがこうだからといって揺らぐことはできないです。

多くの成功者は自分を客観視するスキルに長けていて、何が自身のスペシャリティで、いま自分はどのレベルにあるか、理路整然と言うことができました。そして人の何倍もの努力をし、努力する方向を間違えていない。

この会社は何のために存在するのか、目的は何か、どのように世の中に貢献するかなどの経営理念を確立しておくことは、企業経営における基本です。これができると社長自身に確たる信念が生まれ、社員やお客様に対しても言うべきことは言い、なすべきことはなすという力強い行動ができるようになります。また、社員がお互いに心と力を合わせた活動を生み出し、会社の健全な発展に繋がっていくでしょう。

ローソンでも、ユニクロやリヴァンプの経験が仕事に生きています。そのつど、真剣に向き合ってやり続ければ、技術は高まっていくんじゃないですかね。スポーツや武道と似ています。

最近の若い人にはたくましさを感じています。入社試験の面接で話をしてみると、「大学を休学してアフリカに行っていました」とか、「インドの山奥に行きました」とか、うちにはそういう人材がたくさん来る。

ページの先頭へ