ドナルド・トランプの名言|あまり簡単に満足してはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

あまり簡単に満足してはいけない。自分自身にも、何に対しても。たとえ逆風が吹いていても、歯を食いしばり、妥協しないでほしい。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

プロットを細かく作るのは面白い作業だけど、僕はしません。まだ何も書かないうちから登場人物の性格設定をして500枚も先の言動を書くのは不可能。作っても自然と違う方向に行ってしまうし、仮にプロット通りに予定調和的に書いたとしても、つまんない。僕としてもハラハラドキドキしないし、それでは読み手も楽しめないでしょう。

1996年以降、当社はコスト削減と構造改革に傾注し、コスト競争力を強化してきました。しかし、その路線を継続していれば、新しいことを生み出す力を失う恐れもありました。そこで2005年からは構造改革の良い部分を残したまま、企業風土を変え、ゼロからスタートを切ることにしたのです。

幸せな人が長生きする理由には、大きく分けて2つあると考えられている。ひとつは、「幸せな人は、よい生活習慣を持つ傾向がある」ということ。もうひとつ、「幸せそのものも、身体に直接良い影響を与える」ことが分かっている。

帰らなきゃ勝つんだよ。だから何があっても不撤退。片道切符だ。成功するまで帰らん。そういう心意気でビジネスをやってなけりゃ勝てない。いろんなトラブルがあっても、そういう心意気があれば何とかなる。

私は通常、研究テーマは自分からは選びません。逆に研究テーマが私に食らいついてきて、私の頭から離れなくなるという感じなのです。「不確実・カオス的状況下でも躍進する企業が存在するのはなぜか」という研究テーマも、「疑問に答えてくれるまで、苦しくなっても手を離さないぞ」と言いながら、私に飛びついてきました。

自分自身をひとつの会社だと考えなさい。そう考えると、月収を売上げだとすれば、個人価値に値するのは株価。通常企業ではどちらも見なければいけません。売上げが同じ会社であっても、株価が異なることは多いでしょう。

「アメとムチ」もごく短い期間なら効果があります。新製品を企画する際、「いいアイデアを出した人には、2000ドルのボーナスを出す」と上司が言えば、部下はやる気を出すでしょう。一生懸命に知恵を絞ります。でもアメ(報酬)はドラッグやカフェインのようなものです。脳への刺激は一時的で、効果は持続しません。また、必死になったからといって、必ずしもクリエイティブなものが生まれるわけではないのです。

ページの先頭へ