ドナルド・トランプの名言|現状に満足したら絶対に何も成し遂げられない

このエントリーをはてなブックマークに追加

安全地帯から踏み出してみよう。安全地帯とは別の呼び方をすれば現状への満足である。そこにいたら絶対に何も成し遂げられない。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

過去にも数字的に十分に結果が出たかといえば、おそらく出ていないものもある。でも最終結果でなくても、少なくとも進捗度合いや成果は自分で認識できます。何をやってきたか、という過程に自らが納得できるかどうか、です。そして少なくとも一緒にやっているまわりのチームのメンバーが、意識を共有できているか、そこに納得しているか。それこそが、最も大切にしないといけないことだと思っているんです。

緊急度は低いが重要度は高い仕事は、忙しいからまたにしようと考えるうちに時間が過ぎ、結局手をつけずに一年経ってしまうことも少なくありません。しかし、ビジネスで大きな価値を生むのはこの緊急度は低い重要な仕事です。ほかの予定を入れる前に、そのための時間を先に確保しましょう。

様々な人種が集まる場では、階層がかえって邪魔になる。

好きなことだけにのめり込んではいけない。他の分野へチャレンジできなくなってしまうからだ。自分の好きなもの以外、見えないようにするのは馬鹿げたことだ。

「今日はどんな一日だった?」と聞かれて、「フツーの一日だった」という人はクリエイティブには向いていないし、あまり幸せにもなれない気がします。「ねぇねえ、今日はこんなことがあったんだよ!」と話せることがどれだけあるか。それが発想の源だし、幸せを形作っているものだと思います。

20代後半といえば、仕事のやり方をひととおり覚え、ビジネスマンとしての自信が形成される時期でしょう。しかし実際のところは、仕事のやり方を表層的に学んだだけです。人間の成長にたとえると、ようやくオムツが取れた状態にすぎません。

できるだけ早くコーチとしての信頼を勝ち取るには、小さな大会でもいいから、きちんとその選手に結果を出させてあげるのが一番です。なんだかんだいっても、「あのコーチの言うとおりにやったら記録が短縮できた」という事実が積み重なれば、次も耳を傾けてみようという気になるじゃないですか。

ページの先頭へ